2011年8月7日(日)、ウガンダの地に、アフリカ大陸初の幸福の科学の支部精舎が落慶しました。
落慶日には、アフリカ全土からおよそ800名の人々が訪れ、2階建ての支部精舎は超満員となりました。

落慶式では、国際局長・アフリカ本部長、自治体責任者のスピーチに続き、 ケニアやナイジェリア、南アフリカ、ガーナ、ウガンダにいる現地職員が、アフリカ伝道への思いのたけを力強く語り、観客も大喜びで拍手喝采しました。

また、ウガンダ北部の拠点から来訪したメンバーが、この日のために作った歌と踊りを披露しながら礼拝堂を一周し、象とシマウマの置物を贈呈する儀式が行われるなど、式典は終始、歓喜に満ち溢れたものとなりました。

式典終了後も興奮は冷めやらず、アフリカ各地から集まったメンバーは、

「次は私の国に支部精舎だ」
「南アフリカに、パルテノン神殿のような立派な精舎を立てたい」
「次こそはガーナに建てる」

と口々に決意表明。
現地の会員さんは、「立派な支部精舎をいただいた」と喜びを口にしていました。

2011年8月7日(日) ウガンダ支部精舎落慶式

場所

Plot877 Rubaga Road, Kampaka P.O.Box 34130 Kampala, UGANDA

お問い合わせ

TEL:256-78-4728601