※本記事は、月刊「幸福の科学」2013年11月号の一部を抜粋し、紹介しています。

すでにこの世を去った人の「霊」や、今なお活躍中の人の「守護霊」を呼び出して語らせる「霊言」。
その仕組みについて簡単解説します!

幸福の科学 大川隆法総裁 霊言書籍

「霊言」とは、霊を降ろして語らせること

「霊言」とは、読んで字の如く霊の言葉を語ること。呼び出された霊は、霊言能力者の言語中枢や知識を使って、その「思い」を言葉にします。「思い」が頭脳を通過して、霊言能力者の使用できる言語で表れるので、外国人の霊でも日本語で話すことができます。

幸福の科学 大川隆法総裁 霊言とは

「守護霊」は、その人の本音そのもの

幸福の科学の霊言では、よく「守護霊の霊言」が出てきます。守護霊とは地上で生きている本人をあの世から導く存在であり、いわゆる潜在意識の部分です。表面意識が「建前」だとすれば潜在意識は「本音」の塊。つまり「守護霊の霊言」は「本音インタビュー」ということになります。

※守護霊は、ご先祖の霊などではなく、本人の魂の一部。

幸福の科学 大川隆法総裁 守護霊霊言とは

月刊「幸福の科学」2013年11月号 表紙

ebookで読む

本記事の内容が掲載されている月刊「幸福の科学」をお読みになりたい方は、以下のフォームからお申込みください。
幸福の科学の小冊子送付希望フォーム

また、幸福の科学の小冊子は最寄り支部で直接お受け取りいただくこともできます。お越しの際は、下記より最寄り支部を検索いただき、事前に電話にてご連絡いただくとスムーズです。
幸福の科学の最寄り支部検索

【動画】「霊言」とは何か?「守護霊」とは何か?

幸福の科学出版 公式YouTubeチャンネルより

大川隆法総裁 法話・霊言 公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/

霊言についてもっと知りたい方はこちら

https://happy-science.jp/spiritual-message/