大川隆法総裁は、開学を目指す「幸福の科学大学」に向けた法話の一環として、幸福の科学の教義に関する法話を収録いたしました。
2013年11月2日より全国の幸福の科学にて動画公開された本法話が、早くも書籍『幸福の科学の基本教義とは何か―真理と信仰をめぐる幸福論―』として、2013年12月18日に発刊されました!

幸福の科学において、最も優先度の高い重要教義とは
 ――『正心法語』、『太陽の法』、「四正道」の三つの関係

四正道の「発展」の法の真意とは何か
 ――幸福の科学の活動のプライオリティー

根本経典『仏説・正心法語』に込められた、言魂の力
 ――十字架・聖水・『聖書』よりも強力!

基本教義が、ズバリ一言で示された

幸福の科学では、1400冊以上もの膨大な教えが説かれていますが、このたび、幸福の科学大学設立にあたり、改めて押さえるべき基本教義とは何かが示されました。
なぜ、大川隆法総裁は法を説き続けるのか。なぜ、幸福の科学は行動し続けるのか。
最も優先度の高い重要教義が明らかにされることで、その理由がわかります。

『正心法語』『太陽の法』「四正道」

幸福の科学には、『正心法語』、『太陽の法』、「四正道」という教えの中軸がありますが、この三つの関係についても語られました。
さらに、四正道の「発展」の法の真意とは何かが示され、幸福の科学の活動のプライオリティーがわかります。
また、根本経典『仏説・正心法語』は、キリスト教のエクソシスト(悪魔祓い)に使う十字架・聖水・『聖書』よりも強力であると語られ、経文に込められた言魂の力や威力が改めて理解できます。

『幸福の科学の基本教義とは何か―真理と信仰をめぐる幸福論―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

12/18発刊!!
『幸福の科学の基本教義とは何か―真理と信仰をめぐる幸福論―』
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

進化しつづける幸福の科学、その本質に迫る一冊。
目に見えないものを信じて、どこまで生きていけるか。
総裁自らが語る、幸福の科学を知るためのヒント。

法話「幸福の科学の基本教義とは何か」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2013/8747/

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧

http://info.happy-science.jp/lecture/

幸福の科学大学[仮称]設置認可申請予定 公式サイト

http://university.happy-science.jp/