このたび、大川隆法総裁は、開学を目指す「幸福の科学大学」に向けた法話の一環として、戒律に関する法話を収録いたしました。
この法話は「比較宗教学から観た『幸福の科学』学入門―性のタブーと結婚・出家制度―」と題され、2013年10月25日より公開されています。

仏教国タイにおける小乗仏教の問題点に迫る
 ――仏陀は戒律をどう考えていたのか

タイの出家制度と同性婚、性転換にある意外な関係
 ――出家者が多いのに、実は乱れた社会

未来社会に起こりうる問題を予見
 ――同性婚、クローン、ロボットとの結婚――?

「戒律」「性のタブー」をどう考えればいいのか

仏教の大きなテーマである「戒律」。
小乗仏教国・タイを例にとり、「戒律」「性のタブー」「同性婚」をどう考えればいいのかが、宗教学的なアプローチをとって説かれています。
また、小乗仏教や大乗仏教、カトリック、プロテスタント、日本神道など、様々な宗教の考え方から、幸福の科学の視座が明らかにされました。

「戒律」の課題と、未来志向の宗教

小乗仏教国・タイの問題点が浮き彫りになるとともに、タイの出家制度と同性婚、性転換にある意外な関係について語られました。
そのうえで、大川隆法総裁は、世界一律の戒律は可能なのか、性のタブーと結婚についてどう考えたらよいのかを示しました。
さらに、同性婚、クローン、人間に近いロボットの出現など、未来社会に起こりうる問題が予見され、人類の新しい課題に対する、未来宗教の方向性がわかります。

『比較宗教学から観た「幸福の科学」学・入門―性のタブーと結婚・出家制度―』(大川隆法総裁/幸福の科学出版)

2/4発刊!!
『比較宗教学から観た「幸福の科学」学・入門―性のタブーと結婚・出家制度―』

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する

人類の新しい課題に、宗教は答えを出せるのか?
現代における「戒律」の問題点を検証!
比較宗教学の視点から未来志向の答えを探究する。