大川隆法総裁は、中村元氏と、渡辺照宏氏の霊を招霊し、霊言を収録いたしました。
2013年10月19日より全国の幸福の科学にて動画公開された本霊言が、早くも書籍『仏教学から観た「幸福の科学」分析―東大名誉教授・中村元と仏教学者・渡辺照宏のパースペクティブ(視角)から―』として、2013年12月6日に発刊されました!

仏教学の世界的権威 中村元氏の死後とは
 ――今、どんな世界に還っているのか

中村氏と渡辺氏の違いとは
 ――決定的な違いが明らかに

仏教学の権威から、幸福の科学はどう見える?
 ――仏教学の問題点も浮き彫りに

仏教学の世界的権威 中村元氏 帰天14年目の真実!

「幸福の科学」学の一環として、仏教学の立場から幸福の科学を見るとどう見えるのか、中村元氏と、同じく仏教学の泰斗・渡辺照宏氏の二人の霊による霊言です。
14年前の帰天後メッセージでは、「お釈迦様が現代日本に転生しているなんて知らなかった」と語った中村元氏(2000年1月号の「ザ・リバティ」に掲載)。
その後、どのような世界に還り、今はどんな考えを持っているのでしょうか。

中村氏と渡辺氏の境遇を分けた決定的な違い

ふたりの霊言を通して、学問のバックボーンに「信仰」があるかないかが、いかなる違いを生むのかが明らかになりました。
現在の仏教学の問題点や、幸福の科学大学設立の重要性が感じられる内容です。

『仏教学から観た「幸福の科学」分析―東大名誉教授・中村元と仏教学者・渡辺照宏のパースペクティブ(視角)から―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

12/6発刊!!
『仏教学から観た「幸福の科学」分析―東大名誉教授・中村元と仏教学者・渡辺照宏のパースペクティブ(視角)から―』
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

仏教学の権威 中村元氏の死後14年目の真実。
そして、渡辺照宏氏の天上界からのメッセージ。
ふたつの霊言から明らかになる仏教学の功罪とあるべき姿。

中村元(なかむら・はじめ)(1912年~1999年)

インド哲学者、仏教学者。東京帝国大学を卒業。同大学大学院入学し、インド哲学、仏教学、比較思想の分野で精力的な活動を開始する。
東京大学助教授、同大学教授を歴任。1973年、東京大学教授を定年退官し、同大学名誉教授に就任。その後、大学制度への批判的立場から私塾「東方学院」を設立。

渡辺照宏(わたなべ・しょうこう)(1907年~1977年)

インド哲学者、僧侶(真言宗智山派)。東京帝国大学を卒業。ドイツに留学しエルンスト・ロイマンにインド原典学を学ぶ。
1948年、九州大学文学部助教授となるが赴任する直前に病床に就き、1951年に九州大学助教授を退官。1975年に成田山仏教研究所主席研究員として学界に籍を置き、仏教経典の翻訳やサンスクリット・パーリ語に関する専門の論文を執筆。
また在来の仏教教団の宗派意識を厳しく批評、仏教界に波紋を投げた。

霊言「仏教学から観た『幸福の科学』分析―東大名誉教授・中村元と仏教学者・渡辺照宏のパースペクティブ(視角)から―」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2013/8658/

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧

http://info.happy-science.jp/lecture/

そもそも霊言ってなに?

https://happy-science.jp/spiritual-message/