このたび、大川隆法総裁は、仕事論に関する法話を説かれました。
この法話は「どうすれば仕事ができるようになるか―大川隆法の経営指南―」と題され、2013年11月16日より公開されています。

進化し続ける組織をつくる方法
 ――“永遠の未完成”VS.“完成されたもの” 未来に勝利する組織はどちらか

複数の事業を同時多発で展開していくためには
 ――ポイントは、時間・空間・人間関係にあり

人を活かす運営の在り方
 ――自ら考え行動していく人材を輩出するためには

徹底的な「未来志向の仕事論」

大川隆法総裁による「経営指南」が説かれた法話です。
幸福の科学グループの事業を例にとりながら、一人ひとりが強くなり、もう一段、組織が強くなる「未来志向の仕事論」が展開しています。
「伝統企業の“歯車”になるような人材をつくるだけなら、新しい大学を創る意味はない」として、幸福の科学大学やその他の事業を例にとり、「新しいことを始める際の心構え」や「理想とされる人材像」など、幅広い層に必要な論点が説かれています。

進化し続ける組織をつくる方法、新規顧客創造の方法――。

法話では、進化し続ける組織をつくる方法や、複数の事業を同時多発で展開する方法、人を活かす運営の在り方や新規顧客創造について、といった論点が語られました。
未来において成功する組織をつくるにはどうすればよいのか、個人においても組織においても指針となる内容です。

法話「どうすれば仕事ができるようになるか―大川隆法の経営指南―」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2013/8825/

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧

http://info.happy-science.jp/lecture/