2013年12月14日(土)、幕張メッセを本会場として、大川隆法総裁の2013年エル・カンターレ祭大講演会「智慧の挑戦」が開催され、全国・全世界の3,500カ所に衛星中継されました。
当日、本会場の幕張メッセには、約18,000人が集まりました。

国際色豊かなパフォーマンス!

本会場の幕張メッセでは、幸福の科学グループの発展を表すように、幸福の科学出版や幸福実現党をはじめ、幸福の科学学園、HS政経塾、国際局、オピニオン番組「ザ・ファクト」、不登校児支援スクールネバー・マインドなど、様々なブースが設置され、1年を締めくくる感謝の祭典を盛り上げました。

特に幸福の科学出版のブースでは、当日緊急発刊された話題の書籍『ネルソン・マンデラ ラスト・メッセージ』が特別販売され、多くの方が販売ブースに集まりました。

開演の時間が迫り、ウェルカムパフォーマンスとして、海外のメンバーたちを中心に、国際色豊かな歌とダンスが披露されると、多くの人々がひしめく会場が一体に。その後も、壮大なライティングショーやビデオ動画、奉納曲が流れるなど、会場は徐々に荘厳な雰囲気に包まれました。

愛と光の力強いメッセージが世界に!

大川隆法総裁は、拍手での大歓迎のなか登壇。講演の冒頭で、高度に発達した現代社会において、「人間はなぜこの世に生まれてくるのか」「どこから来てどこへ行くのか」というシンプルな真理が分からない人が増えていることを指摘。人はみな「自分が何者か」という根源的な疑問、真理について知るべきだと語りました。

また、現代の学問について、もう一段の智慧の力が必要であること、知識とは価値中立的なもので、人に害を与えることも、幸福にすることもできるものであり、「何のための知識なのか」が大切であることを語りました。

講演の後半には、愛や許しについても触れ、この世から憎しみをなくすことがエル・カンターレの使命であり、真理は永遠に不滅であることを力強く宣言し、世界のユートピアのために戦い続ける決意を述べ講演を締めくくりました。

講演が終わると、会場はスタンディング・オベーションとなり、主エル・カンターレ 大川隆法総裁への感謝に満ちあふれました。

講演「智慧の挑戦」は、全国の精舎支部・拠点・布教所にてご覧いただけます。一人でも多くの方にお聴きいただきたい内容となっておりますので、ぜひお近くの精舎支部へお越しください。

大川隆法総裁 エル・カンターレ祭大講演会「智慧の挑戦」

エル・カンターレ祭大講演会「智慧の挑戦」

大講演会会場内

多くの人たちで溢れる会場

会場

多くの人たちで溢れる会場入り口付近の様子

テレビ・ラジオ放送も続々決定!

大講演会の様子は、前回の御生誕祭大講演会などと同様に、数多くのテレビ・ラジオで放送されます。ぜひ日時をチェックのうえご覧ください。

テレビ局

岐阜放送:2013/12/22(日) 21:10-21:45

テレビ和歌山: 2014/1/18(土) 10:00-10:45

びわこ放送: 2014/1/18(土) 16:00-16:45

奈良テレビ: 2014/1/18(土) 11:00-11:45

群馬テレビ: 2014/1/26(日) 16:00-16:45

三重テレビ放送: 2014/1/27(月) 8:00-8:45

ラジオ局

和歌山放送: 2013/12/28(土) 20:00-21:00

FMみやこ(宮古島): 2013/12/28(土) 13:00~14:00

FMいしがき(石垣島): 2013/12/28(土) 16:00~17:00

ラジオ福島: 2013/12/29(日) 20:00-21:00

山梨放送: 2013/12/29(日) 23:00-24:00

西日本放送: 2013/12/29(日) 15:00-16:00

FM三角山(札幌): 2013/12/29(日) 7:00-8:00/21:00-22:00

FMおたる(小樽): 2013/12/29(日) 6:00~7:00

ラジオ日本: 2013/12/30(月) 4:00-5:00

高知放送: 2014/1/4(土) 10:00-11:00

FMJAGA(帯広): 2014/1/4(土) 6:00~7:00

本会場に参加された方の声

はじめて、宗教のイベントや話を聞きましたが、幸福の科学のビジョンや、やろうとしているスケールの大きさを知って、学校や政党を立ち上げている理由が分かった気がします。入信するかは……まだ何ともですが(笑)。また本を読んだりして学んでみたいです。(20代・男性・会社員)

会場の熱気がすごくてビックリしました。若い人が多いのも正直、意外でしたが、こんなに大きなイベントで、しかも盛り上がっているので、信者の本気さが伝わってきました。お話も、分かりやすくて勉強になりました。(10代・男性・学生)

とても力強い大川隆法総裁のお話に、涙が出てきました。私たちが、主と説かれる真理を、世界中に伝え、後世の人々をも伝道しなければいけないなと思いました。本当に、感謝の想いで一杯です。(20代・女性・学生)

職場の友人を2名お誘いして、緊張していましたが、総裁先生のお話を聞いて、2人とも宗教への偏見やイメージが変わったようです。本気で世界を救いたいと語る先生の姿に終始、感動しっぱなしの私たちでした!(20代・女性・会社員)

数千年後まで残る真理を、目の前で見れたこと。説かれるその瞬間に立ち会えたことに心から感謝しています。この感動を、もっと多くの人々に広めていきたいと改めて感じました。(30代・男性・自営業)

なぜ努力するのか、なぜ相手に手を差し伸べることが大事なのかがわかりました。それは、実在世界の智慧であり、天使の片鱗であるのだと感じました。それを実行していくことが、本当の世界に還るための徳になるのだと思いました。(20代・男性)

会場の聖なる雰囲気になんとも言えない感動を覚えました。海外の方もたくさんいらっしゃっており、エル・カンターレ信仰が世界に広がっていることがリアルにわかり、とても嬉しかったです。これからも仲間をたくさん増やしていきたいです。(30代・男性)

国同士、宗教同士、お互いをなかなか理解しあえない今だからこそ、この世における個性の違いを乗り越えた「許しをともなう智慧」が現代に必要とされているという考えは、非常に斬新で、目から鱗でした。(20代・男性)

まるで、ネルソン・マンデラが来て喋ってるかのようでした! 人種の違いを乗り越えて、自分もいろんな国の人たちを愛していきたいと思います。(20代・女性)

最近、大川総裁の本は書店で買って読んでいたが、久しぶりに講演会に参加して、”生説法”は違うと思った。本読んでるだけじゃダメですね。やっぱり時々は、直接お話を聞かないとね。(50代・男性)

私も、昨今の行き過ぎた知識社会の弊害を感じていました。大川総裁は、人間にとって本当に必要なことを教えてくださった気がします。(40代・男性)

私は、最近、自分中心に考えてた気がします。もっと人を愛せる自分にならなきゃいけないと、反省。(30代・女性)

幕張メッセ外観

政経塾ブース

アユハブース

ザ・ファクトブース

トックマ

国際ブース

Welcom-happy-Science

「智慧の挑戦」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2013/9078/

幸福の科学 精舎・支部

http://map.happy-science.jp/

大川隆法 講演会サイト

http://ryuho-okawa.org/