友達と遊ぶ時間もほしい!

僕が彼女より友達と会うことを優先すると、いつも彼女の機嫌が悪くなって困っています。別に彼女のことが嫌いなわけじゃないんですが、正直ちょっと煩わしいんです……。(大学3年生・男子)

幸福の科学の職員が、人間関係の悩みや仕事・家庭での悩みなど、人生の途上で出会う具体的な問題にお答えします。幸福の科学では「人生は一冊の問題集」であると捉えて、幸福になるための心の法則を学んでいます。

女性は寂しがり屋

男性としては、束縛されてる感じで辛いところですね。それで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。多少のヤキモチなら「かわいいな」と感じるでしょうが、あんまり拘束が強いと息苦しくなってしまいます。女性は寂しがり屋なところがあって、好きな人が自分以外のところに心を向けたりすると、「捨てられてしまうのでは」とか「どこか遠くへ行ってしまうのでは」と不安に思いやすいので、そこは理解してあげてくださいね。この経験を通して、2人には、ぜひ長続きの秘訣の「適切な距離の取り方」を学んでほしいと思います。彼女には「人間関係の輪を広める」ことは「人生を豊かにすることだ」ということをもう少し理解してもらいたいところですが、あなた自身も、ぜひ友だちと会うことの意味について、彼女を説得するつもりで考えてみてください。

正直に相手に話してみて

そして、彼女に正直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。たとえば、「君との付き合いも大事だけど、他の人との良い人間関係を築いていくことも大事だと思うんだ。それに不満を持たれるのは僕も苦しい。人間関係を豊かにするとか、いろんな自己投資の時間もほしいんだ」と。一定の距離を保ち、「一人の時間」や「彼氏彼女以外と過ごす時間」を、将来のために充実させていくことは、お互いの成長にとって必要なことですし、大人になることでもあります。

互いをもっと信頼する

もし、彼女の側にアドバイスするとしたら、「自分の独占したいという気持ちが彼の重荷になっていないかな?」と考えてみる必要があるかもしれません。もし、そういうところがあるなら、相手を束縛することが愛ではないということを知ることが大事です。大川隆法総裁の書籍『ハウ・アバウト・ユー?』では、「相手の人格を尊重し、一定の範囲で相手の自由を認めることです。『相手を信じる気持ち』をもたなければいけないのです」と説かれています。自分が関与していい範囲と、この先は本人に任せなければいけないという範囲があって、ある程度は自由にさせてあげることも必要ですね。依存し合うのではなく、互いに自立した関係を築いていくことが、長く付き合いを続けていく秘訣です。『ハウ・アバウト・ユー?』では、今回のテーマだった束縛する女性についても説かれているので、ヒントになることは多いと思います。同じような悩みを持っている人は、ぜひ、一度読んでみてください。

答えてくれたのは……
幸福の科学エル・カンターレ信仰伝道局 部長代理 女性部・親子担当
松尾 まどか
まどか姉の愛称で親しまれる。女性の幸福全般、恋愛、結婚、夫婦調和等を専門とする。
2010年から恋愛セミナー「Happyな恋が成就する秘密の法則」を開催し、参加者は国内外で2,500名を超える。自身も幸せな結婚をし、1児の母でもある。
※役職等は2014年6月時点のものです

オススメ書籍

『ハウ・アバウト・ユー?―幸せを呼ぶ愛のかたち』(大川隆法 著)

相手を信じて、自由にさせてあげることも大事。

愛しているから嫉妬してしまう?
一生懸命やっているから愚痴が出る?
それでは、あなたは幸福にはなれません。
本書は、女性が誤解しがちな「愛」について、優しくわかりやすく綴られた一冊です。
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

※本内容は、月刊「ヤング・ブッダ」第97号より転載し、編集を加えたものです。