このたび、大川隆法総裁は、理研理事長・野依良治さんの守護霊を招霊し、霊言を行いました。
この霊言は「『理研理事長・野依良治守護霊の反論』―小保方さんとSTAP細胞を語る―」と題され、2014年4月17日より公開されています。

なぜ、小保方さんを護ろうとしないのか?
 ――野依理事長守護霊が、率直にその理由を語る

日本の科学界の現状が明らかに
 ――「真の科学的態度」とは何か

今回のSTAP細胞問題の真相とは
 ――一体、真実はどこにあるのか

STAP細胞問題、両者守護霊の主張とは

先般行われた小保方晴子さん守護霊インタビューに引き続き、理研理事長・野依良治さん守護霊の霊言が行われました。
「当事者のうち、一方のみの主張を語るだけではフェアではない」という大川総裁の考えのもと、野依良治さん守護霊による反論が語られています。

理研・野依理事長守護霊が率直に語る

霊言では、小保方さんについて率直に語られたほか、日本の科学界の実情が明らかとなりました。年功序列や上下関係といった日本的礼儀作法が強調されるなど、一連の騒動の背景にある「問題」について考えさせられる内容です。

【緊急発刊】4/19(土)『「嫉妬・老害・ノーベル賞の三角関数」守護霊を認めない理研・野依良治理事長の守護霊による、STAP細胞潰し霊言――されど「事実」は時に科学者の「真実」を超える』発刊

『「嫉妬・老害・ノーベル賞の三角関数」守護霊を認めない理研・野依良治理事長の守護霊による、STAP細胞潰し霊言』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「小保方のSTAP細胞を認めたら、理研の『利権』が崩れるじゃないか!」――
先に行われ、書籍化された小保方さんの守護霊インタビュー。
それに対して理研理事長の守護霊が反論の機会を要求し、霊言が行われました。
この霊言により、年功序列や学閥といったしがらみや、小保方さんを認めない「理研のお家事情」など、理研の本質と日本の科学界の問題点が明らかとなりました。
科学者のあり方や、人としての徳といったものを考えさせられる一冊です。

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する