5/19(月)『法哲学入門―法の根源にあるもの―』

『法哲学入門―法の根源にあるもの―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

法の根源にあるもの
無神論・唯物論に基づいた法の支配は、国家による独裁や専制を生み出します。法を制定するには、その奥にある法哲学が正しいものでなければなりません。哲学や歴史から多角的に検証し、人類を幸福にする「法哲学」の原点が示されました。ヘーゲルの偉大さ、カントの功罪、そしてマルクスの問題点――。ソクラテスからアーレントまでを検証し、法哲学のあるべき姿を探究した一書です。

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する

5/23(金)『スピリチュアル・メッセージ 曽野綾子という生き方』

『スピリチュアル・メッセージ 曽野綾子という生き方』(大川隆法著/幸福の科学出版)

歯に衣着せぬ言論、その奥にある「女性の生き方論」「国家観」「信仰観」に迫る。
保守論客として、働く女性のパイオニアとして、クリスチャンとして。80歳を超えてなお、第一線で活躍する曽野綾子氏。守護霊霊言でも、その物言いは変わりません。女性が社会で活躍するために大切な心がけ、歴史認識問題における朴韓国大統領と中国への見解、現代のキリスト教が抱える「信仰の壁」など、歯に衣着せぬ辛口コメントとともに、その本心が語られました。

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する

5/23(金)『「失楽園」のその後 痴の虚人 渡辺淳一直伝』

『「失楽園」のその後 痴の虚人 渡辺淳一直伝』(大川隆法著/幸福の科学出版)

死後11日目に実現した衝撃のインタビュー!
『失楽園』『愛の流刑地』『別れぬ理由』など、多くの性愛小説を描いた有名作家が死後、自ら「公開霊言」の収録を熱望し、実現した霊言です。彼が考える「愛」とは? 「自由」とは? そして、死後の行き先とは―――? 死してなお『失楽園』の著者らしい独自の「性愛哲学」を展開する渡辺淳一氏。情欲を正当化する思想の、行きつく先が示されています。

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する

幸福の科学大川隆法総裁は、現在までに1,500冊を超える書籍を発刊しています。
2014年5月第4週は、上記の新刊が書店に並びます。Amazonでもお求めいただけますので、気になる一冊を、ぜひご一読ください。

関連リンク

幸福の科学出版
大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧