※本内容は、月刊「幸福の科学」第328号より転載し、編集を加えたものです。

大川隆法総裁「心の指針」は、幸福の科学の機関誌である月刊「幸福の科学」で、連載されています。
全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。
今月は、「語学の不思議」。
Webにおいては、YouTube動画で公開しておりますので、ぜひご覧ください。

POINT

語学って、つくづく不思議だなと思う。見知らぬ国の人々が、話し合え、友人になれるのだから。

【動画】語学の不思議 ―大川隆法総裁 心の指針114―

心の指針を味わう

ハッとするような人生の気づきをくれる「心の指針」。
ここでは、今回の指針から味わいの一言をピックアップ。
理解を深めるヒントをQ&A式でお届けします。

Q.日本人は日本語で十分では?外国語の必要性を感じません。

A. 英語は実にいい。美しく進化した言葉だ。しかも新しい能力を開発し、人生に未来を開いてくれる。世界的に不況の今、英語が使えるということがどれほど心強いことか。英語はあなたに、新しい人生観、世界観を与え、世界人としての自覚を促してくれる。
―― 『英語が開く「人生論」「仕事論」』(大川隆法著)まえがきより

事実上の世界共通語である英語をはじめ、さまざまな外国語を身につけた分だけ自分の可能性が広がります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

【コラム】170冊を超える独自の教材!高まる幸福の科学の英語熱

幸福の科学では、大川隆法総裁が編んだ170冊以上の英語テキスト(会内頒布)があります。入試レベルから英語で仕事をするためのビジネス・エリートレベルまであり、多くの人が学習に励んでいます。

幸福の科学 大川隆法著 英語テキスト

大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読もできますので、ぜひご利用ください!

関連リンク

機関誌を読みたい方へ
ラジオ番組「天使のモーニングコール」 ※毎月第1週の放送は心の指針特集を予定しています
全国精舎で「心の指針」研修を開催中!