月刊「ヤング・ブッダ」6月号を発刊!

幸福の科学では、毎日を素晴らしいものに変え、その幸福を広げていくための機関誌を毎月発行しています。
月刊「ヤング・ブッダ」では、勉強や就職、友人関係、恋愛など、大学生の悩みを一緒に考えて、一緒に解決するコンテンツを、数多くご用意しています。
5月20 日(火)頃より、各精舎・支部に2014年6月号が届いております。お近くの幸福の科学へ、お気軽にお立ち寄りください。

月刊「ヤング・ブッダ」No.126

月刊「ヤング・ブッダ」6月号

大学生のための、元気発電マガジン!

WORDS OF WISDOM「自分の価値を、低く見すぎないで!」
特集「凹…まない!! リバウンド力をつける3つの魔法」
法話「『教育の使命』講義」(最終回)「20年後に大差がつく努力の効用とは」
Books Pick up……それでも「STAP細胞」は存在する!
HS政経塾・入塾式Report
YOUNG BUDDHA お悩み相談室「浪人決定……」

Ebookで試し読みをする

バックナンバーを見る
サンプルを取り寄せる

「凹んだ気持ちから復活する力」を得るには?

今月の特集は、「凹…まない!! リバウンド力をつける3つの魔法」。凹んだ気持ちから復活するにはどうすればいいのかを、大川隆法総裁の書籍『忍耐の法』をもとに、マンガや体験談を織りまぜながら紹介。凹んだ心をリバウンドさせるエネルギーに満ちた言葉も満載です!

道を拓き、人に感化を与えられる人になるには?

今月の法話は、5回にわたり連載してきた『教育の使命』講義の最終回、「20年後に大差がつく努力の効用とは」をお届けします。20年後に成功する人間と、そうでない人間とは何が違うのでしょうか?人に感化を与え、多くの人に必要とされる人間になるために、避けては通れない努力の道とは何かを考えます。

教養が身につく良書を紹介!

過去の歴史から時事問題、未来科学におけるまで、さまざまな分野が学べる幸福の科学出版刊行の書籍を紹介するコーナー。今回は、いま注目を集めている小保方晴子さんの守護霊霊言『それでも「STAP細胞」は存在する』をピックアップします。理研・野依良治理事長の守護霊霊言とあわせて読むと、STAP細胞をめぐる真相が見えてきます!

「STAP細胞」、号外チラシ配布!

幸福の科学の、学生メンバーの活動を紹介する学生局Report。今回は、小保方晴子さんの記者会見直前、彼女の母校・早稲田大学において、「STAP細胞は存在する!」という内容のチラシを配布したときの様子を紹介!

そのほかにも、「Young Buddha お悩み相談室」、「HS政経塾Report」、「海外Report」、「NEW MEMBERの声」など、学生にオススメのコンテンツが満載です。ぜひお手にとってお読みください!

月刊「ヤング・ブッダ」を一緒に盛り上げてくれる学生さん大募集!!!

ただいまYB編集部では、編集者・デザイナー・カメラマン・読者モデルのボランティアを募集しています。もう少し本格的な体験をしたい人にはインターン・シップも別途、ご相談承ります!応募用紙に必要事項を記入の上、郵送、FAX、メールなどで「ヤング・ブッダ編集部」まで送ってください。「ヤング・ブッダ」の企画に合わせて、その都度、編集部からご連絡いたします。

応募フォーマットはこちら

関連リンク

月刊「ヤング・ブッダ」バックナンバー
幸福の科学 機関誌
サンプルを取り寄せる