大川隆法総裁は、新たな霊言を行いました。
この霊言は書籍『卑弥呼の幸福論−信仰・政治・女性の幸福学−』と題され、幸福の科学出版より発刊されています。ぜひご一読ください。

『卑弥呼の幸福論−信仰・政治・女性の幸福学−』(大川隆法著/幸福の科学出版)

10/10(金)『卑弥呼の幸福論−信仰・政治・女性の幸福学−』

幸福の科学出版
Amazon
Kindle版電子書籍

※全国の書店をはじめ、Amazonなどでお求めいただけます。
※Kindle版電子書籍も提供しておりますので、ぜひご利用ください。

男女平等思想、同性婚、代理母など、卑弥呼はどう考える?
 ――男女の平等を求めすぎると“亜流の男性”ができてくる?

「信仰の美しさ」を発揮していくための秘訣
 ――心が清らかであることの大切さがわかる

最高の幸福とは何か?
 ――信仰を中心とした「卑弥呼の幸福論」がここに

大和言葉で語られる女性の幸福論

邪馬台国の女王として、戦乱のなかで多くの国を束ねたとされる卑弥呼。『北条政子の幸福論』等に続き、女王卑弥呼が霊言によって幸福論を語りました。信仰、愛、伝道などについて、女性の幸福という観点から大和言葉でわかりやすく語られます。

複雑な現代社会で悩む女性の幸福とは

女性の社会進出が進む現代。しかし同時に、同性婚や代理母、離婚の増加といった問題にも悩まされるようになりました。こうした現代社会の問題や男女平等思想について、卑弥呼はどのように思っているのでしょうか。「何が大切なのか」を思い出す福音として、卑弥呼より普遍的な価値観が提唱されました。

※本霊言は「『卑弥呼の幸福論』—信仰・政治・女性の幸福—」と題され、2014年9月23日より幸福の科学の精舎・支部等で動画公開されています。

卑弥呼(ひみこ)

邪馬台国の女王。『魏志倭人伝』によれば、30余国を統治し、239年から数回に渡って魏へ朝貢を行い、魏の明帝から親魏倭王の称号や金印紫授、銅鏡などを受けたとされる。

あわせて読みたい!オススメの書籍

『日本神道的幸福論―日本の精神性の源流を探る―』
『仏教的幸福論―施論・戒論・生天論―』
「幸福論シリーズ」

関連リンク

霊言「『卑弥呼の幸福論』—信仰・政治・女性の幸福—」公開情報
大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧