月刊「What’s 幸福の科学」12月号を発刊!

幸福の科学では、毎日を素晴らしいものに変え、その幸福を広げていくための機関誌を毎月発行しています。
月刊「What’s 幸福の科学」では、大人気の大川隆法総裁「心の指針」やスペシャル・メッセージのほか、講演レポートや活動情報など、幸福の科学の最新情報をお読みいただくことができます。
11月20日(木)頃より、各精舎・支部に2014年12月号が届いております。お近くの幸福の科学へ、お気軽にお立ち寄りください。

「What’s 幸福の科学」No.65

ワッツ幸福の科学2014年12月_65号

心が変わって病気が治った体験談

あなたの不調・病気の原因は?
病気に過去世の影響も?
心が変わって病気が治った!!体験談
体験者続出!奇跡のヒーリング・パワー!!

Ebookで試し読みをする

バックナンバーを見る
サンプルを取り寄せる

あなたの不調・病気の原因は?

病気になるには、原因があります。病院では、主に肉体面から原因を探って治療しますが、病気が現れてくる本当の原因は、もっと奥にある「心の持ち方」や「生き方」である場合が多いのです。病気の本当の原因を、考えてみましょう。

生活習慣は心の現れ?

「生活習慣病」とは、糖尿病や高血圧、高脂血症などに代表される、体によくない食習慣や運動習慣などの積み重ねが原因で引き起こされる病気。しかし、暴飲暴食や運動不足など偏った生活を続けてしまう原因には、やはり、心の持ち方に偏った部分があるのかもしれません。心の偏りが、病気をつくっている可能性が高いのです。

病気をつくるマイナスの心

ストレスが溜まると免疫力が低下し、病気が発生しやすくなると言われているように、心の状態と病気には、深い関わりがあります。人間は、肉体のなかに魂(心)が宿った存在です。自分や他人を責める心や悲観的な心、攻撃的な心を持ち続けると、まず、魂に病巣が発生します。それがやがて、肉体の弱い部分に病気となって現れてくるのです。自分の心が、物事をマイナスに捉え、マイナスの想念を発して病気をつくり出す「悪い鋳型(いがた)」のようにならないために、明るい心を持つことが大切です。

(病気になる人は)「ほかの人が悪いのだ」「あれが悪いのだ」と、人を責めたり、いろいろなところを責めたりしていることが非常に多いでしょう。
基本的には、そういう方向が多いので、やはり、まず、「感謝の心」や「反省の心」を持つことが大事です。(略)
「愛の心」「報恩の心」「感謝の心」を実際の行動に移して表していくことで、本当に「心の鋳型」そのものを変えていくことができるようになります。

(大川隆法 著 『ザ・ヒーリングパワー』より)

病気に過去世の影響も?

病気の原因をさらに深く探ると、過去世の影響がある場合もあります。例えば、過去世で他人を傷つけてしまった方が、今世(今回の人生)ではその償いのために、不自由な体で生きるという「人生計画」を、自ら設定して生まれてくる場合もあります。また、過去世で煙に巻かれて亡くなった場合、今世、その苦しみが甦り、喘息や気管支炎など呼吸器系の病気が現れてしまうケースもあるのです。 そのような霊的な原因をはっきりつかんだ時点で、病気が治る人も数多くいます。仏法真理を学びながら、ご自身の心を深く見つめ、過去世に思いを巡らせてみませんか?

●人間は「人生計画」を立てて生まれ変わってくる?

私たちは、魂を磨き、成長させるために、この世とあの世を転生輪廻しながら魂修行を続けています。生まれる前には、指導霊と相談して、今世の「人生計画」を立てます。自分の魂修行に必要な環境を選び、逆境や課題を設定して、生まれてくるのです。

その人の人生を見て、持続的で執拗な感じの病気や、人生全体に深い影響を与えるような病気の場合は、この世限りのものではないことが多いでしょう。(略) 「なぜ、そういうものが出てきたのか」ということを深く考え、自分の人生の問題を解く必要があります。(略) プラスを生み、他の人の幸福になる生き方をしてください。今回は、そのように、「徳を積む人生」を生きるべきです。

(大川隆法 著 『ザ・ヒーリングパワー』より)

心が変わって病気が治った

幸福の科学では、仏法真理を学んで心が変わり、病気が治った事例が数多く寄せられています。ここでは、大川隆法総裁が霊能力を用いてその人の心の状態や過去世の姿を読み取り、病気の原因を究明した「リーディング」によって病気が治った事例をご紹介します。 

Mさん 52歳・栃木県
2014年8月2日
リーディング収録

心の原因が分かり奇跡的に視力が回復!

私は5年前に大学病院で、「網膜色素変性症という、網膜の細胞が壊れていく難病で治療できない」と言われました。視力はどんどん落ちていき、裸眼で0.1、矯正でも0.2以下で、廊下で娘とすれ違っても気づかないほどに。 しかし、幸福の科学の総本山・正心館で祈願を受けると、その直後に突然視力が回復し、祈願の凄さを実感していました。そしてさらに、大川総裁によるリーディングの機会を頂いたのです。 リーディングの冒頭、大川総裁は「そんな病気はないんですよ」と断言。私の心にある、目を見えなくしている原因を次々と指摘されました。 どれも、深く思い当ることばかり。特に、「兄と比較せず、自分の個性を生かせ」とのアドバイスには、「本当にすべてお見通しなんだ」と痛感すると同時に、肩の力が抜けて心が軽くなりました。 リーディング後、視力は1.0に回復! 視野も広がって、まさに奇跡を頂きました。
〔本リーディングは、法話「病気カルマ・リーディング」で視聴できます。〕

Oさん 29歳・千葉県
2012年2月21日
リーディング収録

カルマを受け入れ健康回復、職場復帰!

私は26歳の時に、再生不良性貧血を発症。弟から骨髄移植を受け、自宅療養中に、大川総裁のリーディングを受ける機会を賜りました。リーディングで、私の2つの過去世での出来事が明かされ、そのカルマのために、今世、血液の病気が発症していることが分かりました。衝撃でしたが、「総裁先生のアドバイス通りに精進すれば必ず治る」と確信でき、病気の不安が消えて安心できました。以来、医師も驚くほど順調に回復。職場復帰できました!
〔本リーディングは、法話「謎の難病の原因を探る―カルマ・リーディング(2)―」で視聴できます。〕

病気治しをするためには、やはり、「信仰心の確立」が非常に大事であり、信じていると治り方が非常に早くなるのです。

(大川隆法 著 『ザ・ヒーリングパワー』より)

こんな奇跡も!

ガンの転移が止まった!(法話「『奇跡のガン克服法』講義」 質疑応答より)
次男のアトピーが治った!(法話「マインド・セットを変えよ」 質疑応答より)
日光アレルギーが消えた!(法話「Think big!(大きく考えよう) 」質疑応答より)
人工甘味料アレルギーが完治!(法話「謎のアレルギーの原因を探る」より)
性同一性障害の原因が分かった!(法話「病気カルマ・リーディング」より)

体験者続出!奇跡のヒーリングパワー!!

(1)知る

まず、病気が治るメカニズムを学ぶ

病気が治る心の持ち方や、信仰の力、天上界のパワーを受ける方法など、基本的な仕組みを知ることで、健康・若さ・美しさが引き寄せられます!

『ザ・ヒーリング・パワーー病気はこうして治る―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『ザ・ヒーリング・パワーー病気はこうして治る―』(大川隆法著/幸福の科学出版)
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

『奇跡のガン克服法―未知なる治癒力の目覚め――』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『奇跡のガン克服法―未知なる治癒力の目覚め――』(大川隆法著/幸福の科学出版)
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

『心と体のほんとうの関係。―スピリチュアル健康生活――』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『心と体のほんとうの関係。―スピリチュアル健康生活――』(大川隆法著/幸福の科学出版)
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

(2)体験する

精舎や支部で心を深く見つめてみる

精舎や支部の聖なる磁場のなかでは、自分の心を深く見つめることができます。悩みが解けたり、優しさが深まったり、心を磨きたい方はぜひ、ご来館ください!

A.O.さん・神奈川県

ステージⅣの子宮体ガンが消えた!

子宮体ガン、卵巣ガンがステージⅣ、大腸と肝臓に転移していました。横浜正心館の研修で反省を深める度に、ガンが消えていき、3カ月で全部消えました。医師も、大変驚いていました。

(3)参加する

大川隆法総裁の法話の光を受ける

大川総裁の説法は、光そのものです。世界中で、大川総裁の説法で病気が治ったり、人生が拓けていく奇跡が起こっています。また、説法会場には、天上界の神々や天使、諸菩薩が大勢集い、参加者を導いてくれるので、高級諸霊とのご縁が深まります。

Sさん・熊本県

脳梗塞の後遺症が消えた!

私は去年、幸福の科学の信者になりました。自分の病気や、周囲との悩みもありましたが、今年7月、大川隆法先生の御生誕祭(衛星中継会場)に参加すると、脳梗塞の後遺症で体が痺れていたのが急に治り、その後、人間関係も改善できました。信じてからいいことばかりで、本当に有り難いです。

M.S.さん・大阪府

御法話会場で難病が治った!

私は重症筋無力症で常に瞼が落ち、体が不自由で聴力も落ちていました。そんな時、大川隆法先生の御法話「病気を治す心構え」を拝聴すると、突然、耳が聴こえて瞼も落ちなくなりました。さらに大講演会に参加すると、体の痛みが消え、杖なしで歩けるように! 私自身が驚いています。