このたび、大川隆法総裁は、新たな霊言を行いました。
この霊言は書籍『高倉健 男のケジメ―死後17日目、胸中を語る―』と題され、幸福の科学出版より発刊されます。ぜひご一読ください。

『高倉健 男のケジメ—死後17日目、胸中を語る—』(大川隆法著/幸福の科学出版)

12/1(月)『高倉健 男のケジメ―死後17日目、胸中を語る―』

幸福の科学出版
Amazon
Kindle版電子書籍

※全国の書店をはじめ、Amazonなどでお求めいただけます。

俳優・高倉健の魅力に迫る
 ――愚直で、義理人情に厚い人柄。

なぜ、健さんは中国人に人気があるのか?
 ――中国人の理想像を秘めている?

「ここの先生は、意外に古い人だよ」
 ――高倉健は、大川総裁をどう見たのか

ファンへ贈る、最後のメッセージ

11月10日に亡くなった、日本を代表する映画俳優・高倉健。「健さん」の愛称で数多くのファンに親しまれた同氏が、自分を追悼してくれている日本や世界の方々に対して、“ケジメ”をつけたいと言って大川総裁のもとを訪れました。健さんと共に生きてきたファンへの最後の言葉が語られます。

健さん流、“男の美学”とは何か。

どこか懐かしい、古き良き時代のかおりがただよう人柄は生前のまま。真摯さ、謙虚さ、思いやりにジーンとくる霊言です。健さん流、“男の美学”が説かれるとともに、「霊言は事実だからしょうがないよ、認めるしかないよ」「大川隆法総裁もすごい無骨な方だから嘘つかないよ」と、誰よりも正直な健さんが霊言の証明をしてくれました。

※本霊言は「高倉健 男のケジメ」と題され、2014年11月28日より幸福の科学の精舎・支部等で動画公開されています。

高倉健(たかくら・けん)(1931~2014)

俳優。明治大学商学部卒業後、1955年に東映株式会社に入社。1956年には、映画「電光空手打ち」の主演でデビューする。1976年に東映を退社。以後、「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」などに主演。1999年「鉄道員(ぽっぽや)」でモントリオール国際映画祭主演男優賞。1998年に紫綬褒章を受章、2006年に文化功労者となり、2013年に文化勲章を受章。

あわせて読みたい!オススメの書籍

『「イン・ザ・ヒーローの世界へ」俳優・唐沢寿明の守護霊トーク』
『人間力の鍛え方―俳優・岡田准一の守護霊インタビュー―』
『俳優・木村拓哉の守護霊トーク「俺が時代を創る理由」』
『堺雅人の守護霊が語る 誰も知らない「人気絶頂男の秘密」』
『魅せる技術―女優・菅野美穂守護霊メッセージ―』

関連リンク

霊言「高倉健 男のケジメ」公開情報
大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧