このたび、大川隆法総裁は、日本国憲法に関する法話を説きました。
この法話は「現行日本国憲法をどう考えるべきか」と題され、2014年1月11日より公開されています。

「日本は現在も、祭政一致の国である」――
 ――天皇と元首制のあり方、天皇制の存続の問題

なぜ、憲法9条改正と集団的自衛権が必要か?
 ――国際的正義とは何か、最終的な平和への担保とは何か

日本の行政に関する新論点!
 ――大統領制と議院内閣制、どちらが強いリーダーシップを発揮できるか?

現行憲法の盲点を一刀両断!

国師として、『新・日本国憲法 試案』を既に世に問うている大川隆法総裁。
この「新・日本国憲法」と、現行の憲法との間を架橋する論点が示されました。
「もし天皇が認証を拒否したら?」「憲法は本当に公務員だけを縛るものか?」等、日本人なら知っておきたい現行憲法の穴がQ&A形式で理解できます。

天皇制の存続、国防、首相のリーダーシップ――2014年、憲法への指針

法話は、天皇と元首制のあり方、天皇制の存続の問題、憲法9条の解釈、集団的自衛権、大統領制と議院内閣制といった論点が語られています。
さらに、「人間的議論を超えた神秘的なものへの尊崇の念」についても説かれ、憲法の本質がわかる内容となっています。

2/6(木)『「現行日本国憲法」をどう考えるべきか―天皇制、第九条、そして議院内閣制―』発刊

『「現行日本国憲法」をどう考えるべきか―天皇制、第九条、そして議院内閣制―』(大川隆法総裁/幸福の科学出版)

侵略国家にも「第九条」を適用するのか――いま、現行憲法の矛盾と限界を考える。
「本書では、大きくは三つほどの論点に絞って、現行憲法の解釈について、私見を述べた。天皇制、第九条、そして議院内閣制についてである」とまえがきにあるように、大川総裁による現行憲法への考察・意見が示された一書です。
日本の未来のために、私たちの幸福のために、憲法はいかにあるべきなのでしょうか。
稀代の宗教家であり、国師である大川総裁は、現行憲法にも鋭く斬りこんでいます。

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する

法話「現行日本国憲法をどう考えるべきか」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2014/9198/

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧

http://info.happy-science.jp/lecture/

『新・日本国憲法 試案』

『新・日本国憲法 試案―幸福実現党宣言(4)―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

国師による、日本国憲法試案。
国家ビジョンの基本設計図として百三条の現行憲法を前文と全16条にスリム化。その試案と解説を一挙収録。現行憲法の問題点を明らかにし、世界をリードする新しい日本のカタチを指南する。
現行の憲法には「基本的人権の根拠」がない
世界平和実現への努力を憲法に明記すべき
理想的な三権分立には国民投票による大統領制を
国家の主権を守る「防衛権」を明記すべき
公僕たる公務員にも「能力制」の導入を
「安い税金」と「政治参加の自由」を保証せよ

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する