このたび、大川隆法総裁は、舛添要一氏の守護霊を招霊し、霊言を収録いたしました。
この霊言は「舛添要一のスピリチュアル現代政治分析入門」と題され、2014年1月18日より公開されています。

誰もが知りたい、舛添氏の本心が続々!
 ――細川元首相・小泉元首相への分析、「脱原発」発言の真意

「国際都市東京、華のある美しい東京にしたい」
 ――2020年東京オリンピックに向けた未来構想

都知事になったらどうする?
 ――日本をけん引する「東京の発展」

東京都知事選最有力候補・舛添要一氏の「本心」とは

都知事選への出馬を表明し、最有力候補である舛添要一氏。
東京都知事選は東京都だけの問題ではなく、東京都の発展が、日本の国の発展に直結するといえます。
舛添氏がどんなビジョンを持っているのか、その本心に迫ります。

2020年東京オリンピックに向けた未来構想

霊言では、「脱原発」発言の真意や、細川元首相・小泉元首相に対する分析、宗教と政治の関係といった論点が展開されました。
さらに、「外国人が投資できるような環境づくり」「教育の国際化」「世界の文化的オアシスの都市に」など、都知事になったら東京をどんな都市にしたいか、その構想が語られました。

1/22(水)『舛添要一のスピリチュアル「現代政治分析」入門 ―守護霊インタビュー―』発刊

『舛添要一のスピリチュアル「現代政治分析」入門 ―守護霊インタビュー―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

2020年東京オリンピックに向けた未来構想
東京都知事選に向けて、最有力候補である舛添要一氏の守護霊の霊言が発刊されることとなりました。
細川元首相・小泉元首相について、宗教と政治の関係など、政治学者でもある同氏は現代の日本の政治について語ったほか、自身が考える東京都の未来構想が展開されました。
「脱原発」発言の真意や、尖閣購入の基金15億円の使い道など、舛添氏の“本心”がわかる注目の一冊です。

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する

舛添要一(ますぞえ・よういち)(1948年~)

国際政治学者、元参議院議員。
1971年、東京大学法学部助手となる。その後、パリ大学現代国際関係史研究所客員研究員、ジュネーブ高等国際政治研究所客員研究員を経て、1979年東京大学教養学部助教授に就任。
2001年、参議院議員に初当選。2010年には、自民党を離党し「新党改革」結成、同代表となる。2013年参議院議員を退任。2014年1月14日、都知事選に立候補することを正式表明した。

霊言「舛添要一のスピリチュアル現代政治分析入門」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2014/9279/

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧

http://info.happy-science.jp/lecture/

そもそも霊言ってなに?

https://happy-science.jp/spiritual-message/