このたび、大川隆法総裁は、英首相チャーチルを招霊し、霊言を行いました。
この霊言は「『忍耐の時代の外交戦略』―チャーチルの霊言―」と題され、2014年3月7日より公開されています。

ロシアのウクライナ介入は、果たして善か?悪か?
 ――ウクライナ情勢の本質と今後の展開

「これは面白い動きになるよ」――
 ――今後の世界情勢、新論点が満載

第二次世界大戦秘話
 ――当事者・チャーチルが語る!

チャーチルなら、今の世界をどう形容するか

ロシアのウクライナ介入について、「新たな冷戦の始まり」と捉えられる向きもある昨今、大川総裁はチャーチルの霊言を行い、世界情勢について意見を訊きました。
アメリカの凋落、中国の台頭など、戦後体制が崩れていくなか、新しい世界秩序はいかに構築されていくのでしょうか。
日本外交の舵取りへのヒントがつまった霊言です。

世界最速の外交情報がここに!

日露関係の今後や、中韓の動きなど、チャーチルが語る世界情勢への読みには、新論点も満載。
その「近未来予言」に注目が集まります。
新世界の見取り図ともいえる本霊言をぜひご拝聴ください。

3/16(日)『「忍耐の時代」の外交戦略 チャーチルの霊言』発刊

『「忍耐の時代」の外交戦略 チャーチルの霊言』(大川隆法著/幸福の科学出版)

ウクライナ問題で揺れる世界――チャーチルが新世界の見取り図を示す!
ロシアのウクラウナ軍事介入が世界の注目を集める中、ヒットラーを倒した英国元首相・チャーチルの霊言が行われました。
日本は米ロ、そして中国とこれからどう関わるべきなのか。戦後体制が崩れた後の世界はどのように展開していくのか――。ウクライナの動向に対する鋭い見解をはじめ、マスコミや外交評論家の意表をつく新論点が満載の霊言です。
ぜひご一読ください!

Amazonで購入する
kindle(キンドル)版を購入する
幸福の科学出版で購入する

ウィンストン・チャーチル(1874年~1965年)

イギリスの政治家。
1940年、首相に就任。第二次世界大戦では首相として強力な指導力を発揮してナチスによる欧州支配の野望を打ち砕いた。戦後は“鉄のカーテン”という合言葉を打ち出し、ソ連の拡張主義を警告した。1953年、著書『第二次世界大戦(The Second World War)』でノーベル文学賞を受賞した。

霊言「『忍耐の時代の外交戦略』―チャーチルの霊言―」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2014/9780/

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧

http://info.happy-science.jp/lecture/

そもそも霊言ってなに?

https://happy-science.jp/spiritual-message/

あわせて読みたい!オススメの書籍

『政治革命家大川隆法』
『正しき心の探究』
『日本よ、国家たれ!元台湾総統 李登輝守護霊 魂のメッセージ』
『ロシア・プーチン新大統領と帝国の未来』