このたび、大川隆法総裁は、深見東州氏の守護霊を招霊し、霊言を行いました。
この霊言は「『自称・街角にいる万能の天才の研究』―深見東州は化けきれるか―」と題され、2014年3月20日より公開されています。

ペンネームを使い分けるのはなぜ?
 ――“多角経営”をする理由

「善悪なんてものはないんですよ」――
 ――ワールドメイトの本質とは?

深見氏の過去世
 ――深見氏がつながっている霊界とは?

ワールドメイト教祖の本心に迫る

大学受験予備校「みすず学苑」や著書『強運』の広告を、多くの方が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。こうしたPR活動の奥に存在する、ワールドメイトの教祖・深見東州氏の守護霊霊言が行われました。その真意や、ワールドメイトの霊的実態に迫ります。

「幸福の科学グループ」と「ワールドメイト」の違い

ワールドメイトの信仰の対象は何か、基本教義は何か、活動形態はどうなっているのか――。ワールドメイトの本質に迫ろうと、その根幹を問う霊言となりました。一見、同じ分野に進出しているようにも見える「幸福の科学グループ」と「ワールドメイト」の違いがわかるとともに、深見東州氏の主な関心と狙いが明らかとなりました。

深見東州(ふかみ・とうしゅう)(1951年~)

ワールドメイトの教祖。本名は半田晴久。
大学受験予備校「みすず学苑」を経営している。著書に『強運』などがある。

霊言「『自称・街角にいる万能の天才の研究』―深見東州は化けきれるか―」公開情報

http://info.happy-science.jp/lecture/2014/9863/

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧

http://info.happy-science.jp/lecture/

そもそも霊言ってなに?

https://happy-science.jp/spiritual-message/

あわせて読みたい!オススメの書籍

『宗教学から観た「幸福の科学」学・入門』
『宗教決断の時代』
『宗教イノベーションの時代』