仲間はずれにされ、すごくつらいです。

仲の良かったグループから、突然、無視されるようになりました。なぜ仲間はずれにされたのか、理由が分かりません。ショックで学校に行くのがすごくつらいです。(高校1年生・女子)

幸福の科学の職員が、人間関係の悩みや仕事・家庭での悩みなど、人生の途上で出会う具体的な問題にお答えします。幸福の科学では「人生は一冊の問題集」であると捉えて、幸福になるための心の法則を学んでいます。

自分自身を振り返るチャンスでもある

仲間はずれは、とてもつらいですよね。特に学校だと、嫌でも毎日顔を合わせなくてはいけないため、よけいにつらいですよね。でも実はこうした時期は、自分自身を振り返るチャンスでもあります。例えば、グループのみんなの様子が少しおかしくなってきたなと感じた時期を振り返り、「自分がどういう振る舞いや言動をしてきたかな」と考えてみてはどうでしょうか。「気づかないうちに、相手の気に障ることをしていた」ということもありますので、もしそうしたことに気づいたら、まずは心の中で「ごめんね」という気持ちを向けてみて下さい。すると以心伝心で不思議と、その気持ちが相手に伝わり、相手との関係が変わってくることがあります。

あなたは愛されている

次に、「自分という存在に価値を見出し、自信を持っていく」ということが大切です。仲間はずれにされたことで、「自分には価値がない」とか、「いなくてもいい存在なんだ」とは、決して思わないことです。どんな人にも必ず素晴らしいところがあります。まずそうした自分の長所を発見していくことが重要です。これまで両親や先生、友人に褒められたことなど、どんな小さなことでもいいのです。オススメはそれをノートに書き込んでいくこと。また、「愛されている自分」というものに気づいていくことも重要です。たとえ仲間はずれにされ、友達が誰もいなくなったとしても、例えばご両親や兄弟などは、あなたを変わらず愛してくれているはずです。また、スピリチュアルな視点では、目には見えませんが、神様や守護霊が、あなたの味方となり、よい人生を歩んでいけるよう応援してくれています。そうした自分を愛してくれている存在に気づき、感謝を深めて、必要以上に自分をダメな人間だと思わないことが大切です。

感謝や愛する思いがよい友人を引き寄せる

すぐに心を切り替えることは難しいかもしれませんが、感謝の思いや、自分は愛されているというプラスの思いが出てくると、幸せオーラとなって現れてきます。すると、マイナスのものが遠ざかり、プラスのものが引き寄せられてくるのです。その結果、離れた友人が戻ってきたり、新しい友人が出来たりして、あなたの悩みが解決していくはずです。ただ、もし酷いイジメにあったり、一人では解決がつかない問題になったりしたら、どうか抱え込まないで!そんなときは、ぜひ、お近くの精舎まで相談に来られることをオススメします。全国にある幸福の科学の精舎は聖なる癒しの場所。きっと、あなたの問題を解決する力になれると思います。

答えてくれたのは……
ヤング・ブッダ渋谷精舎館長
濱田 希 館長
幸福の科学の人事局などを経て、現役職に。日々、若者の悩みと向き合っている。

※役職等は2014年4月時点のものです

オススメ書籍

『希望の法』(大川隆法 著)

希望の法

本書の第1章、第2章を読もう!

この本には、希望という名の愛がつまっている。
現代人を悩ませる「ウツの脱出法」から、「お金とのつき合い方」「結婚相手の選び方」「人間関係の修復」「人生成功の秘訣」まで。
誰も教えてくれない希望実現の方法が満載。
あなたの心に、いま、希望の光があふれてくる。
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

※本内容は、月刊「ヤング・ブッダ」第123号より転載し、編集を加えたものです。