同性の子を好きになってしまいました……。

同じサークルの女子を本気で好きになってしまいました。相手は同性愛者ではないので、この思いを伝えてよいのか悩んでいます。また、自分が女子であることに違和感を覚えることもあります。私、異常なんでしょうか……。(大学2年・女子)

幸福の科学の職員が、人間関係の悩みや仕事・家庭での悩みなど、人生の途上で出会う具体的な問題にお答えします。幸福の科学では「人生は一冊の問題集」であると捉えて、幸福になるための心の法則を学んでいます。

スピリチュアルな背景を知ろう

最近、あなたのような同性愛の方の相談が増えてきています。テレビなどでも、この話題をよく耳にするようになりましたね。では、なぜこうした現象が起きるのか。幸福の科学で明かされている、そのスピリチュアルな背景をまずは知る必要があるかと思います。人は、この世とあの世を何度も転生輪廻(生まれ変わり)し、さまざまな経験を積みながら、自らの魂の成長を目指しています。その転生輪廻の過程で、新たな魂の経験を積むために、男性・女性の両方を経験する方がいます。しかし、中には、「今世(こんぜ/今回の人生)は女性だけれども、過去世はずっと男性だった」という方もいます。そうした方は、過去世(かこぜ/今回の人生よりも前に生まれ変わって生きてきた様々な人生)で長らく経験してきた性が、魂の奥深くの記憶として残っているため、どうしても、今世の性に違和感を感じてしまうことがあるんですね。それを医学的に「性同一性障害」と診断されてしまうのですが、こうしたスピリチュアルな背景から見ると、必ずしも「病気」と、ひとくくりにできるものではないんです。まずは、その真実を知っておく必要があるでしょう。

今世の使命を考えてみる

次に、「告白してもよいか」ということですが、相手が同性愛の方でないとすると、断られて関係が拗れるという確率は非常に高いですよね。それでも相手に自分の思いを伝えたいというのであれば、伝えてみるのもありかもしれません。ただその前に、「なぜ、自分は今世、女性として生まれてきたのか」を考えてみることをオススメします。転生輪廻の過程で、違った性になることで、新しい魂の経験を積むチャンスを与えられているのだとしたら、それを生かす方向で生きる選択があるかと思います。

女性として生まれたのには意味がある

また、同姓婚が増加すれば、子孫が増えず、「国力の衰退」につながるという事実があります。「国の将来のことより、自分たちの幸福や自由のほうが大事」という考えもあるかもしれませんが、もう少し、大きな視点で考えてみることが必要かもしれません。あなたはまだ10代後半で、人生これからです。今回を機に、もう一度、「今世、自分が女性として生まれてきた意味」というものを考えてみてはいかがでしょうか。相手に思いを告げるか告げないかは、それから考えてみても遅くはないと思いますよ。

答えてくれたのは……
幸福の科学エル・カンターレ信仰伝道局 部長代理 女性部・親子担当
松尾 まどか
まどか姉の愛称で親しまれる。女性の幸福全般、恋愛、結婚、夫婦調和等を専門とする。
2010年から恋愛セミナー「Happyな恋が成就する秘密の法則」を開催し、参加者は国内外で2,500名を超える。自身も幸せな結婚をし、1児の母でもある。
※役職等は2014年4月時点のものです

オススメ書籍

『イエス・キリストに聞く「同性婚問題」―性と愛を巡って―』(大川隆法 著)

『イエス・キリストに聞く「同性婚問題」 ―性と愛を巡って―』(大川隆法 著/幸福の科学出版)

イエス・キリストは、同性婚・同性愛をどう考えるのか!?天上界から衝撃のメッセージ!
現代ではキリスト教国を中心に、同性婚を認める憲法改正や判例が相次いでいる。男女の平等化が単性化へと向かっているのだろう。現代、日本では、結婚は「両性の合意」に基づくことになっているので、改憲なくして同性婚は認められない。
イエス・キリストは、この問題にどう答えるか。じっくりと本文を読んで頂きたい。
(大川隆法「まえがき」より)
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

※本内容は、月刊「ヤング・ブッダ」第120号より転載し、編集を加えたものです。