子供の障害を自分のせいにする方へ

子供が障害を持って生まれてきたことを自分のせいにするお母さんが多いのですが、どのように考えたらいいでしょうか?(東京都・3児の母)

幸福の科学の職員や先輩会員が、人間関係の悩みや仕事・家庭での悩みなど、人生の途上で出会う具体的な問題にお答えします。幸福の科学では「人生は一冊の問題集」であると捉えて、幸福になるための心の法則を学んでいます。

子供の障害を自分のせいにする方へ【ハピママしあわせ相談室Vol.1】

子育ては罰ゲームではなく「宝探し」

子どもの障害を、自分のせいにしてしまうお母さんがいます。自分が以前に人を傷つけたことが原因ではないかなどと、子どもの障害を罰ゲームのように考えてしまうのです。

しかし私は、子育ては、子どもに障害があろうとなかろうと、罰ゲームではなく、「宝探し」だと考えています。

もちろん、一見、罰ゲームのようにも見える苦労はあって当然だと思っています。障害児を持つと、お医者様に何度もかかったり、いろいろな診断を受けに行ったり、普通だったらしなくていいような経験を小さな頃から重ねるので、大変だし疲れてしまいます。

でも、「罰ではないか」と感じていたそんなつらいことすべてが、クルッと宝物に変わる瞬間が必ず来ます。

どうか、見つかるまで頑張って欲しいですね。

子供の能力を見つけてみよう

「子どもの能力を見つける」という意味での宝探しもあります。

例えば、ヘレン・ケラー。サリバン先生に出会う前の彼女は、家族や身内から「この子はハンディがあってかわいそうだから、これでいいんです」と、一見、”親切”に見えるやり方で放置されていたわけです。

それも一つの愛の形だったと思います。でも、サリバン先生の愛というのは、もう少し、次元の高い愛だったんですね。ヘレンが持っている宝物が見えていて、「よし、この宝物を引きだそう」と教育に取り組んでいた。このサリバン先生のエネルギーが、偉人ヘレン・ケラーをつくったわけです。

障害児を持つお母さんは、サリバン先生と同じような偉業を、自分の子どもに対して、日々やっているのだと思うんです。

子どもは、まわりにいる大人が、「あなたは、こういういいところがあるよね」と期待して見てあげると、俄然、そこの部分をはりきって見せてくれるものです。まず、どういう目で子どもを見るかというところを、障害児を持つお母さんたち、ママ友たちとお話してみてください。

天才児へと育った数々の事例

日本の東田直樹さんをご存じでしょうか。東田さんは強い自閉症の傾向を持ちながら、パソコンを使って文章を綴ることで、すばらしい自己表現をしています。その東田さんの文筆が、世界各国の自閉症の子を持つ親に影響を与えています。

また、アメリカのジェイコブ・バーネットさんは、今年(2015年)15歳になると思うのですが、もうすでに大学の先生になっています。ジェイコブさんは、測定できないぐらいのIQを持っており、天才だと言われていますが、2歳の時には自閉症という診断がくだっています。

しかも、州の教育を受けていたら自閉傾向がどんどん進行。お母さんは「これじゃいけない」と公教育をすべて断り、自分の思うやり方で教育しました。

そのやり方とは、苦手なものを平均値まで持っていこうとするのではなく、好きなことをしっかりさせてあげる教育です。

なにかに集中している間は、どこまでもそれに没頭させてあげること。それを続けたところ、ジェイコブさんは結果的に天才児へと育っていったのです。

苦しみが幸福に変わる瞬間がくる

こういう子たちが出てくるのは、やはりひとつのサインだと思うんですよね。障害児のなかには、こんなにすばらしい宝物が眠っているんだよ、というサインです。

だから、まわりの大人たちも、「手のかかる子、できない子、迷惑な子」という見方をするのではなく、「ああ、この子の中には、普通の人では発想できないすぐれた考え方や、高尚な精神が宿っているかもしれない」という目で見てあげること。それが、その子どもの宝物を引き出すことになるし、そのような見方、接し方をしたことが、大人たちにとっても宝物になります。

ヘレンはきっと幸せだったと思うし、サリバン先生はもっともっと幸せだったでしょう。ジェイコブさんも幸せで、育てたお母さんももっともっと幸せだと思います。

障害児が生まれることは、なにかの罰ではありません。罰と思えし苦しみは、ある瞬間を境に宝物に変わります。

そんな希望を見据えて、子育てをしていってください。

ハピママ:しあわせ相談室 諏訪裕子さん

答えてくれたのは……
ユー・アー・エンゼル! 諏訪裕子
3児の母で、知的障害の長男を育てた経験をもとに、全国で障害児の集いや障害児相談を行う。

オススメ書籍

『ヘレン・ケラーの幸福論』(大川隆法 著)

『ヘレン・ケラーの幸福論』(大川隆法著/幸福の科学出版)

どんな不自由や試練であろうと、“神の愛”があれば乗りこえてゆける

聖女ヘレン・ケラーが三重苦という自らの運命を受け入れた時に知った本当の幸福を明かします。「人生とは、ひとつの扉が閉じても、また別の扉が開くもの」と、試練に打ち克つための希望のメッセージが天上界から贈られた、すべての人に読んでいただきたい一書です。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する