隔月「ザ・伝道」5月号を発行!

幸福の科学では、毎日を素晴らしいものに変え、その幸福を広げていくための機関誌を毎月発行しています。
ザ・伝道」では、がん、難病、家庭内暴力、人間関係、失業、ウツ、自殺……。人生でぶつかるあらゆる悩み・苦しみを、心の力で解決した方々の感動体験談を掲載しています。
4月21日(火)頃より、全国の精舎・支部に2015年5月号が届いております。お近くの幸福の科学へ、お気軽にお立ち寄りください。

隔月「ザ・伝道」No.209

隔月「ザ・伝道」2015年5月209号

やり直せない人生などない

心が元気になる光のことば「あなたは、あなたの生き方を」
しあわせのメッセージ「『無傷の人生』より『よりよい人生』を」
体験談「やり直せない人生などない」
記事「自殺がいけない本当の理由」
新メンバー紹介

Ebookで試し読みをする

バックナンバーを見る
サンプルを取り寄せる

職を失い一度は自殺を試みた方の体験談

今回は「やり直せない人生などない」と題し、人生が暗転し、一度は自殺を試みた40代の男性、Aさんの体験を紹介します。バブル崩壊後の不況のさなかに職を失ったAさんは、幸福の科学との出会いをきっかけに立ち直り、現在は「恩返し」の人生を歩んでいます。人生の逆境から立ち直れた要因は何だったのか――。その足取りをたどります。

あなたは、あなたの生き方を

今月の大川隆法総裁の巻頭言「光のことば」は、「あなたは、あなたの生き方を」。男女の性別、年齢、頭の良し悪し、体の大小など、他人との違いはいろいろありますが、自分自身の存在を肯定することが大事。書籍『アイム・ファイン―自分らしくさわやかに生きる7つのステップ―』の内容からお届けします。

「無傷の人生」より「よりよい人生」を

大川総裁の法話を紹介する「しあわせのメッセージ」のコーナー。今月は「『無傷の人生』より『よりよい人生』を」と題し、人が自殺をする理由を説明したうえで、自分も他人も完璧な人間はいないのだという視点を示します。「八十パーセント主義」でよいから、とにかく生き抜くことの大切さについて語られます。

自殺がいけない本当の理由

官民挙げた政策が取られているにも関わらず、毎年多くの人が自ら死を選んでいる日本。自殺を減らすために、必要な考え方とは――?今月は、幸福の科学広報局で自殺防止活動を行うスタッフが、3つの問いに回答し、自殺がいけない本当の理由をお伝えします。

そのほかにも、幸福の科学の新メンバーの声などを掲載しています。「ザ・伝道」5月号を、ぜひお手にとってお読みください!

関連リンク

隔月「ザ・伝道」バックナンバー
幸福の科学 機関誌
サンプルを取り寄せる