1986年にスタートした幸福の科学は、2016年10月6日で立宗30年を迎えます。

この30年、一人ひとりの悩み解決や夢の実現のお手伝いをしたいと、大川隆法総裁が説く「仏法真理」を学ぶ学習会、ボランティア活動を全国全世界で展開してきました。

心を変えれば、運命が変わる。

たくさんの人がこの奇跡を体験し、「新しい人生の物語」が生まれ続けています。


【幸福の科学の基本教義】

幸福の科学の教えは、「正しき心の探究」と、その具体化である「幸福の原理」(愛・知・反省・発展の四正道)の実践です。

:自分から愛を与えていく

:仏法真理を学び智慧を得る

反省:心の曇りを除き清らかにする

発展:この地上をユートピアに

この4つの道の実践によって、一人ひとりの人生の幸福化と、社会の幸福化を目指しています。

「私、幸せです」と言い切れる人を増やすために――。

幸福の科学は、今年、立宗30周年を迎えることができました。

これも、多くの方の多大なるご支援があってのことです。

心より感謝申し上げます。

当会は、立宗からさかのぼること約5年半、大川隆法総裁が霊天上界から啓示を受け、大悟されたときから始まりました。
以来、大川総裁は、現在まで一日も途切れることなく霊天上界との交流を続け、人々を幸福に導く「仏法真理」を説き続けておられます。

私たちが30年間、目指し続けていることがあります。

それは、「私、幸せです」と言い切れる人を数多く作っていくことです。

現在、幸福の科学グループは、政治活動や教育事業、メディア文化事業など、多方面に活動を展開していますが、すべては、幸せな人を増やすために行っています。

今後、より一層、幸福の科学の教えを弘め、世界中の人が心から幸福に生きられる社会をつくるために、尽力して参ります。


幸福の科学理事長 石川悦男

【幸福の科学30年の歩み】

1981年 大川隆法総裁、大悟

1985年 初の霊言書『日蓮聖人の霊言』発刊

1986年 幸福の科学立宗/初転法輪

1991年 宗教法人格取得

1994年 初の映画「ノストラダムス戦慄の啓示」全国一斉ロードショー/初の海外支部 幸福の科学USA 設立

1996年 初の精舎 総本山・正心館落慶

2003年 「自殺を減らそうキャンペーン」開始

2007年 海外初転法輪

2009年 幸福実現党立党

2010年 幸福の科学学園 中学校・高等学校 那須本校 開校

2011年 ニュースター・ プロダクション株式会社設立/海外巡錫「アジア・ ミッション」開始

2012年 障害児支援 「ユー・アー・エンゼル!(あなたは天使)」運動開始

2013年 幸福の科学学園 関西中学校・高等学校 開校

2015年 ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)開学

月刊「幸福の科学」第356号より転載

大川隆法総裁 心の指針142「人生はドラマか」/特集 “ホントの幸せ”を届けたい!おかげさまで、幸福の科学立宗30周年/法話「心の時代を生きる」(6)毎日を無駄にしないための「たとえ話」/幸福体験談/8月の法話&霊言レポート

月刊「幸福の科学」第356号
機関誌をお読みになりたい方へ


月刊誌356号表紙