Q.死んだペットにも供養が必要ですか?

A.長期間の供養は必要ありません。

動物はすぐ生まれ変わるので、長い期間の供養は意味がない

死んだペットにも供養が必要ですか

たいていの場合、ペットは、死んだあと、すぐに生まれ変わることが多く、あの世にいる期間は長くて10年です。普通は1年以内に生まれ変わることが多く、あの世には短い間しかいません。ペットの供養をすること自体はかまわないのですが、あまり長い間、供養をすることには、意味がないのです。さらに言えば、あまり長く祀(まつ)って供養をすると、ペットの魂は、そこにいなければいけないものだと勘違いして、ずっと居ついたりすることがあります。そのため、彼らの転生輪廻の妨げになる場合もあるのです。
わが家で飼っていたウサギは、死んでから1カ月ぐらいで生まれ変わっていきました。ウサギの魂は霊界で一つの集団となり、そこから生まれ変わってきます。地上の母ウサギのおなかに入って、ポンポンと生まれてくるのです。
そのようなことを考えると、長期間ペットを供養することには疑問があります。

あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part3-Chapter1「あの世の諸霊が救われる、ほんとうの供養とは」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する