ベナンの孤児院にて教科書、学費支援を実施

ネルソンマンデラ基金お知らせ1

ネルソンマンデラ基金お知らせ2

ネルソンマンデラ基金お知らせ3

2016年11月、前年に引き続き「HS・ネルソン・マンデラ基金」より、ベナンのロコサ孤児院に対して1年分の学費と教科書の支援を行いました。
西アフリカ・ベナン支部管内にあるロコサ孤児院は、「親のいない子供たちが学校に通えるように」と願う幸福の科学の会員が2006年に設立した施設で、国の支援もなく自費にて運営しています。孤児院には、1歳から3歳という早い時期に、父親か母親のどちらかが亡くなったり、あるいは、社会的理由で捨てられたりした子供など、数十名の幼少から高校生までの孤児たちがいます(ベナンでは、「上の歯から先に生えてきた子供は、呪われている」という迷信があり、親に殺されてしまったり、また殺すに忍びなく、孤児院に預けられたりすることもあるそうです)。
この支援に対し、孤児院長のラファエルさんより、「いつも、喜びと幸福が集まるよう祈りを捧げている主エル・カンターレの御名において、日本のHappy Scienceの皆様方への感謝を表し、救世事業の永続と、皆様の長寿を願います。今回も、私たちの孤児院の発展のため、多大なるご支援を頂きました。主エル・カンターレの御光のもと、この支援を心より喜び、Happy Scienceと共に、私たちの孤児院が大いなる幸福の拠点となり、わが町を照らす光の拠点となっていくことを願います」と、感謝の言葉をいただきました。

支援を受けた生徒の声

ヴァレリー・コモヴィさん(17歳)

「皆様が、私の人生で必要なものをすべて与えてくださったことを、とても嬉しく思います。皆様が与えてくれた恵みは、私にとって、どれほど重要か、とても想像できないでしょう。心から感謝申し上げます。皆様が昼も夜も、人々の幸福を考え、活動されていることに、感謝致します。どれほど感謝しても感謝し切れません。皆様がたすべてに、主の祝福が与えられますように。皆様がたの夢が実現し、平和と幸福、そして、長寿が与えられますように。」

幸福の科学グループではこれからも、世界各国で支援活動を続けていきます。

「HS・ネルソン・マンデラ基金」は、みなさまから寄せられた寄付により、人種差別、男女差別、カースト差別、貧困や政治弾圧などに苦しむ世界中の人たちに、教育や治療の支援を通して、希望に満ちた未来を創るための活動を行う、幸福の科学グループ内の基金です。

関連リンク

「HS・ネルソン・マンデラ基金」
幸福の科学 海外ニュース一覧
幸福の科学 社会貢献