2017年2月15日、全国で『仕事ができるとはどういうことなのか』が発刊されます。

書籍表紙『仕事ができるとはどういうことなのか』

2/15(水)『仕事ができるとはどういうことなのか』(大川隆法 著)

目に見える「成果」を、生みだす仕事の秘訣。
あなたと組織が発展するヒントが満載!

□ いい仕事は「水の如く、空気の如く」
□ 反発や批判を呼ぶ働き方と評判があがる働き方
□ 議論や目標管理が“無駄仕事”になる例
□ 組織の一人ひとりが「社長の目」を持つ
□「役所仕事」と「成果を生む仕事」のちがい
□「嫌われる勇気」の意外な落とし穴

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する(Kindle版電子書籍もあります)

章立て

第1章 仕事ができるとはどういうことなのか
第2章 できる社員の条件

 

関連リンク

法話「仕事ができるとはどういうことなのか」
幸福の科学書籍情報一覧
幸福の科学出版