「HS・ネルソン・マンデラ基金」は、みなさまから寄せられた寄付により、人種差別、男女差別、カースト差別、貧困や政治弾圧などに苦しむ世界中の人たちに、教育や治療の支援を通して、希望に満ちた未来を創るための活動を行う、幸福の科学グループ内の基金です。

ネルソン・マンデラ基金では、ネパール大地震で被害を受けた学校に対する「ネパール復興支援」を行っております。皆さまから寄せられたご寄付は、ネパール各地の学校復興作業や、被災学生への奨学金の支給に使わせていただいております。

ネパール復興・学校支援

現在、合計5校の校舎復旧支援を行っています。その内の2校について、支援状況のご報告と、現地からの学校関係者からのメッセージをご紹介いたします。

ハラティ高校(カトマンズ)

ネパール大地震で被害を受けた校舎の修復支援をさせて頂きました。

〈副校長(スマン・アリヤル氏)からの言葉〉
「ハッピー・サイエンスの支援のおかげで、学校をいち早く再開することができ、良かったです。本当にありがとうございました。これからもハッピー・サイエンスと一体となり、活躍したいと思います。」

プラティバ・ワールド・イングリッシュ・スクール(カトマンズ)

校舎の復旧工事にあたり、校長先生や現地の信者の皆さんと共に地鎮祭を行い、校舎の修復を進めています。

〈校長(ニルマル・バスネト氏)からの言葉〉
「大震災の被害で壊れた校舎はHS・ネルソン・マンデラ基金からの支援で、いち早く再開できるようになりました。子供たちの教育を再開できることは非常にありがたいです。ご支援、本当にありがとうございます。」

ネパール復興・奨学金支援

被災した生徒を対象に、奨学金支援は、孤児院をはじめ中学生から大学生まで、合計90名の被災生徒を対象に就学金の支援を行っております。2名の大学生からのメッセージをご紹介します。

〈シッダールタさん〉
「大震災のあと、もう学校に行けないと思っていましたが、皆様からのご支援により、奨学金を支援頂けることになりまして、未来が明るくなりました。主に、心から感謝申し上げます。」

〈ラブリーさん〉
「地震の被害を受けて、家族の経済力が弱ってしまい、一時期、学校に行けない状態になりましたが、ハッピ-.サイエンスから復興支援を頂くことにより、また学校に行くことができました。自分の未来が明るくなり、夢を叶えることができると信じられるようになりました。本当にありがとうございます。」

HS・ネルソン・マンデラ基金は、引き続き、世界各国で支援活動を続けていきます。皆さまの暖かいご支援を賜れれば幸いです。

支援方法

Webから支援する
HS・ネルソン・マンデラ基金Web支援ページからお願いします。

HS・ネルソン・マンデラ基金の銀行口座に振り込みで支援する
銀行口座をご用意しています。以下の銀行口座にお振り込みください。
なお、振込人氏名を入力する際には、 お名前の前に「N」と入力ください。(例:N幸福太郎)
銀行・支店:三菱東京UFJ銀行 東京営業部
口座番号:普通 0605219
名義人:宗教法人 幸福の科学

また、全国の幸福の科学・支部でも受け付けております。