Q.自殺はなぜいけないのですか?

A.自殺しても苦しみは消えません。

自殺してもラクにならず、苦しみは消えない

人間は肉体がなくなっても、魂となって生き続けます。すべて消えると思って自殺をしても、苦しみは残ったまま。また、本来の寿命が来るまで天国にも地獄にも行けず、残された人たちが悲しむ姿を見続けることになります。だから、自殺は絶対にしないでください。

「自分の命だから、死ぬのは自由」は間違い

「自分は生まれたくなかった」「親が勝手に生んだ」と言う方がいます。でも実際は、私たちは皆、「地上に生まれたい」と神仏にお願いして、許されたからこそ生まれることができました。生まれる前には、両親や伴侶、友人となる人たちと地上で出会う約束をして「人生計画」を立ててきます。自殺は、この約束を一方的に放棄することになってしまいます。

生きる価値が見いだせない時、ほめられたことを思い出そう

人は皆、神仏に創られた大切な存在です。自分に自信が持てないときは、人からほめられたことを一つひとつ思い出してみましょう。今後の人生で、あなたと約束して生まれてきた人たちとの出会いが待っています。その人たちのためにも、自分を肯定する心を大切にしてください。

「どうしても生きることがつらい」ときは悪霊の影響を受けている

「どうしても死にたい」と思い詰めてしまうときは、悪霊の影響があります。自殺で亡くなった人が不成仏霊となって、自分と似た心境の人に憑依し、その人も自殺させようと働きかけているのです。こうした悪霊の影響を絶つために一番効果的なのは、幸福の科学の根本経典である『仏説・正心法語』(信者に授与される最も大切な経典)を読んだり、『仏説・正心法語』のCDをかけたりして、神仏の光で守っていただくことです。また、悪霊と同通しないよう、心を明るくしていくために、仏法真理を、毎日少しずつでもいいので学んでいきましょう。

参考文献:月刊「幸福の科学」第355号

関連リンク

自殺防止サイト

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

関連記事

死ぬと人はどこに行くの?【霊的世界のほんとうの話】

Q.人は死ぬとどこに行くのですか?A. 四十九日ぐらいであの世に行き、生前の反省をします。死者の霊は、四十九日ぐらいまでには、この世を去らなければいけません。ほんとうは、死後二十一日ぐらい、三週間ぐらいしたら、もう、この世で、あまりうろうろしていてはいけないことになっています。長く見ても四十九日…
> 続きを読む

自殺した人の魂はどこへ行くのか【霊的世界のほんとうの話】

Q. 自殺した人は、死後、どうなりますか? A.地縛霊になるか、地獄に行くことがほとんどです。答えは、「100パーセント、地獄へ行く」ということはなく、「地獄、もしくは地獄以前の段階にいることが多い」ということです。なかには地獄まで行っている人もいますが、…
> 続きを読む

天国から地獄まで「あの世」を実体験、臨死体験で死ぬのが怖くなくなった【体験談】

瀕死の状態のときに起こった不思議な体験。意識を失くした体から魂が抜け出し、「あの世」の世界を見て、再び「この世」に戻ってくる、「臨死体験」と呼ばれる出来事です。ある男性が実際に経験した…
> 続きを読む

自殺によって息子を失った女性が、その苦しみを乗り超えるまで【体験談】

家族の死によって崩れ去ってしまった、平穏な家庭の風景。真っ暗闇のなかで、遺された家族は光を見出せるのでしょうか。自殺によって息子を失った女性の体験…
> 続きを読む

人は死んだらどうなるの?~スピリチュアル・ツアー☆霊界編~【天使のモーニングコール】

全ての人にいつか必ず訪れる、「死」の瞬間。「嫌だな。怖いな。」と思っている方も多いと思います。「人は死んだらどうなるの?」という問いは、誰もが抱いたことがあるのではないでしょうか。幸福の科学の仏法真理では、…
> 続きを読む