Q.陰陽師や結界について教えてください。

A.陰陽師は、平安時代の超能力者であり政治顧問も兼ねていた存在です。結界とは悪霊の侵入を防ぐ磁場をつくることです。

陰陽師は平安時代の政治顧問でもあった

陰陽師というのは、平安時代に一種の超能力者として宮廷に出入りしていた人たちです。有名な陰陽師である安倍晴明は霊言のなかで次のように語っています。
「われわれの時代には、陰陽道、陰陽の学そのものが、学問としてあったわけでございますが、もちろん、天文学と言っても、今の天文学者が星を見ているようなものではありませんでした。天文によって、国の政のあり方や、政界の要職にある者の使命・運命・天命などについて判断していたわけです。次に頭角を現してくるのは、何者であるか、あるいは、事は秘密を要しますが、要職にある者の亡くなる時期や、政変の時期など、こういうものまで天文と絡めて読んでいたのです。
吉凶を判断し、「凶を避け、吉を取る」という考え方は、現代的に言えば、「幸・不幸は、人間の判断によって分かれていくものである」ということなので、超自然的現象を用いて吉凶をあらかじめ読むことができたならば、不幸を最小にし、幸福を最大にすることは可能なはずです」(『日本を救う陰陽師パワー』より)
政治に関して、「このようにすべきである」とアドバイスをしたり、人事について意見を述べたり、あるいは、政敵を打倒したり、そうしたことも行っていた陰陽師は、政治顧問的な役割をも担う、とても重要な存在だったのです。

結界は目に見えない「霊的な磁場」

映画やドラマで、陰陽師が結界を張って妖怪を封印する場面を見たことがある人も多いと思います。結界とは、悪霊の侵入を防ぐために宗教的空間や、霊的磁場をつくることで、“外界に対する砦”のようなものです。たとえば、神社には「しめ縄」を張って神を祀っていますが、あのようにして結界をつくって、邪霊が入れないようにしているのです。幸福の科学の支部、精舎にも一種の結界ができていて、霊的なオーラがそこを護っています。

『神秘の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『日本を救う陰陽師パワー』『神秘の法』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。