一般に「自殺はいけない」と言われますが、なぜ、いけないのでしょう?幸福の科学の仏法真理の観点から、自殺に関する疑問にお答えします。(月刊「幸福の科学」355号より転載・編集)

Q1.自殺してラクになりたいんです。

A.残念ですが、苦しみは消えません。

人間は肉体がなくなっても、魂となって生き続けます。すべて消えると思って自殺をしても、苦しみは残ったまま。また、本来の寿命が来るまで天国にも地獄にも行けず、残された人たちが悲しむ姿を見続けることに……。だから、自殺は絶対にしないでください。

Q2.自分の命だから、死ぬのは自由でしょ?

A.人間の命は神仏からいただいたものです。

「自分は生まれたくなかった」「親が勝手に生んだ」と言う方がいます。でも実際は、私たちは皆、「地上に生まれたい」と神仏にお願いして、許されたからこそ生まれることができました。生まれる前には、両親や伴侶、友人となる人たちと地上で出会う約束をして「人生計画」を立ててきます。自殺は、この約束を一方的に放棄することになってしまいます。

Q3.生きる価値が見い出せません。

A.ほめられたことを思い出してみましょう。

人は皆、神仏に創られた大切な存在です。自分に自信が持てないときは、人からほめられたことを一つひとつ思い出してみましょう。今後の人生で、あなたと約束して生まれてきた人たちとの出会いが待っています。その人たちのためにも、自分を肯定する心を大切にしてください。

Q4.どうしても生きるのがつらいんです。

A.神仏の光をいただいて、悪霊の影響を断ち切りましょう。

「どうしても死にたい」と思い詰めてしまうときは、悪霊の影響があります。自殺で亡くなった人が不成仏霊(ふじょうぶつれい)となって、自分と似た心境の人に憑依し、その人も自殺させようと働きかけているのです。こうした悪霊の影響を絶つために一番効果的なのは、幸福の科学の根本経典である『仏説・正心法語(ぶっせつ・しょうしんほうご)』を読んだり、『仏説・正心法語』のCDをかけたりして、神仏の光で守っていただくことです。また、悪霊と同通しないよう、心を明るくしていくために、仏法真理を、毎日少しずつでもいいので学んでいきましょう。

今回、質問に答えてくれた講師は・・・

横浜正心館 講師〉 吉田美智子さん
幸福の科学の講師。うつ病や、自殺願望で苦しむ方々の悩み相談に、数多く携わる経験を持つ。

『生命の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:「生命の法」「霊的世界のほんとうの話。」

ご案内

公式サイトの入会案内ページではチャットサービスを開始しました。入会したいけれどまだ迷いがある……そんな方は、どうぞ不安な気持ちをお聞かせください。スタッフがお答えさせていただきます。

関連リンク

幸福の科学の精舎ってどんなところ? 出家者への一問一答も!【精舎体験レポート】
よくある質問(FAQ) 入会について
自殺防止サイト