10月12日、新刊書籍『危機のリーダーシップ―いま問われる政治家の資質と信念―』が発刊されます。

10/12(木)『危機のリーダーシップ―いま問われる政治家の資質と信念―』(大川隆法 著)

米朝開戦が現実となりつつある、いま――
政治家よ、これ以上国民を欺いてはいけない。

党利党略と争点隠しの安倍政権
ポピュリズムの小池新党
嘘やゴマカシ、そしてマスコミも巻き込んだ印象操作……
言葉で国民をうまく騙した者に、
人の上に立つ資格はあるのか。

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する(Kindle版電子書籍もあります)

この国に必要なのは、清潔で勇断できる新しい政治。
・8年前から“国難”到来を警告!
・消費増税によるアベノミクス失敗を予見!
・一貫して真実を唱えてきた著者の最新提言。

解散から総選挙へと日々政局が変わる中、
9/24の東京と10/1に名古屋で開催された講演会が早くも書籍化。

目次
まえがき
第1章 日本よ、「当たり前の国」になれ―『自分の国は自分で守れ』講義(1)
第2章 危機のリーダーシップ―『自分の国は自分で守れ』講義(2)
あとがき

あわせて読みたい!オススメの書籍

『自分の国は自分で守れ―「戦後政治」の終わり、「新しい政治」の幕開け―』(大川隆法 著)
『緊急守護霊インタビュー 金正恩vs.ドナルド・トランプ』(大川隆法 著)
『永遠なるものを求めて―人生の意味とは、国家の理想とは―』(大川隆法 著)
『戦後保守言論界のリーダー 清水幾太郎の新霊言』(大川隆法 著)
『インパール作戦の真実 牟田口廉也司令官の霊言』(大川隆法 著)

関連リンク

法話『自分の国は自分で守れ』講義[1]
法話「危機のリーダーシップ―『自分の国は自分で守れ』講義〔2〕―」
幸福の科学出版