10月17日、新刊書籍『吉田茂元首相の霊言―戦後平和主義の代償とは何か―』が発刊されます。

10/17(火)『吉田茂元首相の霊言―戦後平和主義の代償とは何か―』(大川隆法 著)

憲法9条の神格化、国家観の放棄、アメリカ頼みの金銭国家づくり……
「吉田ドクトリン」の呪縛から、日本の政治を解き放つために。

戦後日本の政治の方向性を定めた元首相は、
現代の国防危機や政治低迷をどう考えているのか。
戦後体制の源流にある矛盾と誤りを検証する。

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する(Kindle版電子書籍もあります)

目次
まえがき
1 戦後の国是をどう変えるべきか、今、問われている
2 日本の国家方針を決定づけた吉田茂元首相とは
3 戦後政治の「正しさ」とは何だったのか
4 国是を変えるのに、今、何が必要なのか
5 吉田茂が地獄にいる理由を検証する
検証(1) 戦後日本の「本尊」と「基本教義」とは
検証(2) 国家指導者としての「判断精度」
検証(3) 吉田茂の日本観
検証(4) 戦後日本の節目の政治決断の是非
検証(5) 「吉田茂の考え」を受け継いでいるのは誰か
検証(6) 吉田茂の国際的正義観
検証(7) 吉田茂の信仰観・宗教観
検証(8) 吉田茂の責任観
検証(9) 吉田茂の教育観
6 日本の神々と吉田茂の関係
7 吉田茂は、戦後の「不可知論」「逃げ延びる外交術」の源流
あとがき

あわせて読みたい!オススメの書籍

『危機のリーダーシップ―いま問われる政治家の資質と信念―』(大川隆法 著)
『マッカーサー 戦後65年目の証言―マッカーサー・吉田茂・山本五十六・鳩山一郎の霊言―』(大川隆法 著)
『「報道ステーション」コメンテーター 後藤謙次守護霊インタビュー 政局を読む』(大川隆法 著)

関連リンク

霊言「吉田茂の霊言」
幸福の科学出版