2017年12月10日(日)、外国人信者が日本語で「エル・カンターレ信仰」をスピーチする「2017 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」東京正心館で開催されました。
幸福の科学の「エル・カンターレ信仰」について、ご自身の体験や、感想、思いなどが日本語で語られました。
今回は、1人目の発表者ニーラジさんの発表をご紹介させていただきます。
国境を越えた信仰心の輝きをぜひお読みください。

ナマステ!皆さんこんにちは!
私はブッダガヤの支部から来たニーラジと申します。大学4年生で科学を勉強しています。

私はブッダガヤのスーリヤ校に入ったときから幸福の科学のことを勉強しています。

その時、私は11歳で、スピリチュアルな教えと幸福の科学のことはそんなに知りませんでしたが、マスターの講義や本から勉強し始めて、幸福の科学についてだんだん分かるようになりました。

子供のころから私はブッダを信じています。
支部に来てマスターはブッダの生まれ変わりだと聞いた時、私はとても嬉しくなりました。

私はお釈迦様の所で生まれて自分をとてもラッキーな人だと思います。私は主エル・カンターレのおかげで、日本で直接マスターの講義を聞くチャンスをもらいました。

その時私の心は愛と光でいっぱいになり、天国から直接光をあびているように感じました。このような体験は人生で初めてでした。その時幸福の科学の教えは世界を変えて行く力を持っていると思いました。

私は毎日「正心法語」を読んで神様から力をいただいています。お祈りにはすごいパワーがあると思います。

ある日私のいとこが事故に遭いました。家族の皆はとても心配で、色々なお寺に行ってお祈りをしました。私のいとこは死ぬかもしれないと医者から聞いて、家族全員はとても悲しくて、どうなるかと思いましたが、毎日お祈りをしたり、支部に行ってお祈りしたら、主エル・カンターレのおかげでいとこは元気になる気がしました。

エル・カンターレ・ファィト(※1)とヒーリング(※2)を一カ月ずっとしたら、私のいとこは一カ月半でだいぶ元気になりました。彼の生きるチャンスは少なかったのに、元気になって家族はとても嬉しかったです。

その日から、私や私の周りに誰かが病気になると、お祈りをして治しています。私はエル・カンターレに心から感謝をしています。

また、幸福の科学の教えで自分自身も変わりました。以前、私はわがままでした。でも今私は、自分のことじゃなくて他の人のことをよく考えます。教えを学んで私の心は純粋になりました。マスターの素晴らしい教えで私は世界を変えたいです。この教えは誰でも変えていくことができます。

私は一カ月半に一回伝道をしに行きます。人がたくさん集まるところに行って、幸福の科学についてみんなに伝えます。インド人は太陽を神様としてお祈りをしています。主エル・カンターレが太陽の神様だと聞いて皆はすぐに信じます。私は伝道をすると心が幸せになります。

将来、私はビジネスマンになってインドと日本の架け橋になり、インドを発展させたいです。
そして、世界に幸福の科学の教えを広げていきたいです。
世界中の人々にマスターの教えを必ず伝えていきます。
それが、私の一番大きな夢です。

私に大きな希望を与えてくださり、支えてくださる多くの皆さんに心から感謝をして、頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

※1:『祈願文(1)』に収録されている「悪霊撃退の祈り」で行う修法。
※2:『祈願文(1)』に収録されている「病気平癒祈願」で行う修法。