2017年12月10日(日)、外国人信者が日本語で「エル・カンターレ信仰」をスピーチする「2017 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」東京正心館で開催されました。
幸福の科学の「エル・カンターレ信仰」について、ご自身の体験や、感想、思いなどが日本語で語られました。
今回は、6人目の発表者スリシティさんの発表をご紹介させていただきます。
国境を越えた信仰心の輝きをぜひお読みください。

こんにちは、皆様、私はスリシティと申します。インドのデリーから来ました。10年前から Happy Scienceのメンバーです。主エル・カンターレは、私に皆様の前で話す機会を与えてくださいました。皆様と一緒にここにいられることを大変うれしく思います。

Happy Scienceのメンバーになってから、私の人生は変わりました。この10年間、たくさんの経験をし、私の主に対する信仰は、ますます深まっています。

まず主は、私の助けが必要なときは、私のために、そばにいてくださいました。まず、主は、私が大学を受験するときに、助けてくださいました。大学の入学試験では、プレッシャーが大きくて、思うように勉強することができませんでした。

その時、私は試験前にお祈りをしました。お祈りをするととても気持ちがよくなり、安心しました。それで、おちついて試験を受けられて、無事に合格できました。心から感謝しています。

また、私の叔父はうつ病やストレスのために病院に入ってから、自殺をしようとしました。お医者さんは、叔父さんを救うために何もできないと言いました。そのとき、私は主に祈りました。すると突然、叔父は元気になりました。これらのことを経験したあとで、私の信仰は、さらに強くなりました。

ここで、もう一つの経験を話させてください。今から6年前、主がインドにいらっしゃったときに、私と私の家族はデリー支部で、主にお会いすることができたのです。最初は、「主に手を振ってはいけない。花束を渡さないでください。」と言われていました。しかし、主は部屋に入ると、まず私に手を振ってくださり、花束を受け取ってくださいました。

そして、そのとき、私は、神様と対面していることに気が付いたのです。主は、私に大切な一日を下さり、私はとても幸せでした。主エル・カンターレは、真実を教えます。それで、誰でも幸せに 生きることができます。主は 全ての人類のための救い主です。主の教えは差別を生み出しません。主は、地球にユートピアをつくりたいと願っていらっしゃいます。真理は 死にません。永遠に主の教えは、あります。

今日は、皆様に私の話を聴いていただき、とても幸せな気持ちです。今、私は主のお話を直接、理解するために、インドで日本語を勉強しています。できれば、Happy Science Universityで勉強したいと 思っています。そして、主の教えを インドの人々に伝えたいです。

主エル・カンターレ、大川隆法先生、本当にありがとうございます。皆様、ありがとうございました。