2018年2月17日、全国で『パンダルンダ 第4話 パンダちゃんとおれたクレヨン』が発刊されます。

2/17(土)『パンダルンダ 第4話
パンダちゃんとおれたクレヨン』(大川紫央 著)

心がすくすく育つ絵本
「ごめんね。」はこころをピカピカにする
まほうのことば。

〈お子様の素直な心が育ちます〉
「パンダルンダ」シリーズは、子ども向けに四正道を学べるように構成されています。小さなお子様に思いやりの心を育てたい、オススメの絵本です。
第1話のテーマ「信仰」
第2話のテーマ「愛」
第3話のテーマ「知」
第4話のテーマ「反省」

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する(Kindle版電子書籍もあります)

パンダルンダLINEスタンプ

「パンダルンダ」LINEスタンプ発売中!

絵本『パンダルンダ』を読んで…

〈パンダちゃんのように「ごめんなさい」が言える息子に〉

4歳の息子は、2017年12月の「パンダ・ルンダ」のイベントで”パンダちゃん”の大ファンになり、今は、ほぼ毎日、寝る前に読んでいます。息子にとって、パンダちゃんは先生役。特に4巻の、パンダちゃんが「ごめんなさい」と言うシーンを読んでからは、今まで促さないと謝れなかった息子が、自発的に「ごめんなさい」が言えるようになりました。
(大阪府 Kさん 4才長男と1才次男の母)

〈毎日、兄弟喧嘩ばかりの兄弟が、カッカしなくなり、優しい心を取り戻しました!〉

絵本「パンダルンダ」を読んで…02長男と次男が喧嘩ばかりをして困っていたある日のこと。寝る前の読み聞かせに長男が『パンダルンダ』第4話を持ってきたんです。第4話は、友達のクレヨンを折ったパンダちゃんが友達に素直に謝るお話です。
読む前は兄弟喧嘩の怒りが収まらずイライラしていた長男でしたが、読み始めたら激変。パンダちゃんが目をウルウルするシーンを見て、「パンダちゃんの目が可愛い!」と言って、怒っていた気持ちがシュワシュワと溶け、優しい心が戻ったんです。
以来、兄弟喧嘩が少なくなりました。パンダちゃんの感化力ってスゴイ!
(宮城県 Mさん 7才長男と3才次男の母)

あわせて読みたい!オススメの書籍

『パンダルンダ 第1話 パンダちゃんのはじまりのおはなし』(大川紫央 著)
『パンダルンダ 第2話 パンダちゃんともりのおともだち』(大川紫央 著)
『パンダルンダ 第3話 パンダちゃんとミラクルそんちょう』(大川紫央 著)
『たっくんがうまれるよ』(大川紫央 著)
『マメだぬきの大ぼうけん』(大川咲也加 著)

関連リンク

幸福の科学書籍情報一覧
幸福の科学出版