1981年3月23日。大川隆法総裁は大悟の瞬間を迎え、自身が全人類救済の使命を持つ「エル・カンターレ」という存在であることを自覚しました。そして5年後、その使命を実現するために「幸福の科学」を設立。以来、大川隆法総裁は、不惜身命で仏法真理を説き続けています。幸福の科学では、毎年、3月7日を記念日として祝い、法を弘め、法灯を護り続けていく弟子の使命を再確認する式典が全国の精舎や支部で開催されます。主エル・カンターレ 大川隆法総裁に心よりの感謝と精進の誓いを捧げるべく、ぜひご参加ください。

宗教法人設立記念式典

3月7日(水)
今から27年前の1991年3月7日、幸福の科学は宗教法人格を取得。この日を記念し、主エル・カンターレへの感謝と、法を弘(ひろ)める決意を捧げる式典が行われます。

全国の精舎・支部で開催。

大悟祭

3月23日(金)~25日(日)
1981年3月23日、大川隆法総裁は大いなる悟りを開かれました。全人類救済の原点であるこの日を記念し、主に感謝と報恩の誓いを捧(ささ)げる「大悟祭」が、全国の精舎・支部で開催されます。
◆精舎祈願 :『 悟り向上祈願』
※ 上記の祈願を期間中のみ全国の精舎で開催します。通常は、修行菩薩発願式での限定開催となります。

全国の精舎・支部で開催。

関連リンク

大川隆法総裁について
幸福の科学とは
全国の幸福の科学の精舎・支部