人が生まれてくるのは「偶然」ではない

「どう生きたって、死ねば終わりでしょ」。現代は、そう思う人も少なくないかもしれません。
でも、もし私たちの人生に、大切な意味があるとしたら…? 幸福の科学では、人間が生まれてきた理由と、幸せになる生き方をお伝えしています。
(※本記事は小冊子月刊「幸福の科学」374号より転載・編集)

1. 誰もが「人生計画」を立てて生まれてくる。

私たちは生まれる前に、あの世で「人生計画」を立ててきます。
守護霊(しゅごれい)や「生まれ変わり担当」の天使たちと相談しながら、自分の魂修行(たましいしゅぎょう)にふさわしい両親や環境を選び、人生で遭遇(そうぐう)する問題なども設定してきます。
※人生計画の綿密さは、人によって差があります。

【守護霊】
地上に生まれる人が魂修行をまっとうできるように、見守り導く霊。守護霊は、本人の潜在意識の一部でもある。
※守護霊について詳しくはこちら 守護霊とはどんな存在?【霊的世界のほんとうの話】

2. 苦難や困難は、「魂を磨く砥石(といし)」。

人生の途上では、失恋や倒産、病気など、自分が設定してきた「課題」に直面します。
そのときこそ、心を磨き、不幸をつくってきた心の傾向性を修正するチャンス。「逆境は自己変革の機会」と捉えることが、本当の幸せをつかむ秘訣です。

例えば…

10代 大失恋

人生計画では、失恋を発奮材料に、自分磨きに励(はげ)むはずだったが、相手を憎むだけで終わってしまった。

20代 対人トラブル

前世(ぜんせ)で憎み合った相手が、今世(こんぜ)は同僚として現れる。相手の長所を認めることで和解でき、カルマ解消!

30代 大病を経験

大病を通して心を深めることを計画。病床(びょうしょう)で自分を見つめ、多くの人の愛に支えられていることに気づく。

【悪霊・悪魔】
人間の悩みを増幅させ、もっと不幸にしようと狙っている悪い霊。

3. 神様はどんなときでもあなたを見守っている。

逆境に陥(おちい)り、失意の底に沈みそうなときは、目には見えなくても、神様や守護霊が自分に寄り添い励ましてくれていることを信じてください。信じたときに、新しい一歩を踏み出す力が湧(わ)いてきます。

逆境に陥ったとき、あなたはどうする?

挫折して自暴自棄(じぼうじき)に

不幸の原因を他人や環境のせいにしたり、努力を放棄したりしてしまうと、もっと不幸な方向に…。

希望を捨てずに前進!

つらいときこそ神様を信じ、「愛を与える生き方」を選んでいくと、必ず道が開けて幸せに近づきます。

2018年春、「人生の意味」に迫ったドキュメンタリー映画が公開!

幸福の科学では、障害児支援団体「ユー・アー・エンゼル」をはじめ、不登校児支援や、いじめ・自殺防止運動などに取り組んでいます。
それらの社会貢献事業を若者たちが取材し、「人生の意味」や「救いとは何か」に迫ったドキュメンタリー映画「心に寄り添う。」が、この春、全国の幸福の科学の支部・精舎で4/27より公開されます。
ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田でも5/5~5/11の1週間限定で上映されます。

〈企画〉 大川隆法
〈監督〉 宇井孝司 / 松本弘司
〈プロデューサー〉 橋詰太奉 / 鈴木 愛 / 大川愛理沙
〈出演〉 希島 凛ARI Production
     小林 裕美 / 藤本 明徳 / 三浦 義晃(HSU生)
〈製作〉 ARI Production

価値観が変わる映画

私が、悩みや障害を持つ方々との出会いのなかで気づいたことは、自分自身の未熟さでした。信仰心を持って純粋に生きている、そうした方々の姿を見て、本当の意味で価値観が変わり、人として成長できたと思います。

また、取材を通して、本当の愛を持っていなかった自分と向き合うことになったんです。無私なる思いで周りの人に愛を与え続ける、ボランティアスタッフの方々の姿を見て、とても感化されました。

この映画が、人生を考えるきっかけになれたらうれしいです。
※写真:「心に寄り添う。」インタビュアー希島 凛(きじま りん)(ARI Production)

映画についてのお問い合わせは、幸福の科学サービスセンターまで。
TEL 03-5793-1727 【火~金】10時~20時 【 土日祝】10時~18時(月曜を除く)

映画「心に寄り添う。」関連体験談

私の息子になってくれてありがとう【体験談】
リストラ、借金、自殺未遂【体験談】

関連リンク

ドキュメンタリー映画「心に寄り添う。」公式サイト
ARI Production
一般社団法人ユー・アー・エンゼル
不登校児支援スクール ネバー・マインド
一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
自殺防止サイト あなたに贈る真理の言葉

書籍で学ぶすべての人が「人生の目的と使命」を持って生まれてくる

『幸福の原点』(大川隆法 著/幸福の科学出版)「第2章 与える愛について」より抜粋したメッセージ

みなさんのなかには、いろいろな哲学書や文学書を読み、いろいろな人生の問題を考えるに際して、「人間は偶然にこの地上に生まれてきた。両親を選べず、偶然に子供として生まれ、その投げ出された人生を生きていかねばならない」というような思想を学んだ人も多いと思います。いわゆる実存主義の哲学です。

しかし、彼らの考えは、はっきり言って間違っています。人間は、偶然にこの世に投げ出されることは絶対にありません。生まれてくるときには、必ず、「人生の目的と使命」というものを設定して出てくるのです。

したがって、みなさんは、そのような考え、「偶然にこの世に生まれ出て、何の目的も持たず、何の理由も分からずに生きている」というような人生観を根底から捨てて、新たな人生観を持たなくてはなりません。

人生には目的があるのです。一定の目的を持ち、一定の使命を帯びて、みなさんが地上に出てきているということは、百パーセントの真実なのです。(中略) このことを受け入れるかどうかによって、今回のみなさんの人生は、百八十度、違った人生となりうるのです。

                   (大川隆法 著『幸福の原点』より)

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

関連動画

関連記事

人は死んだらどうなる?驚きの真実 【霊的世界のほんとうの話】《動画あり》

私たちは肉体の死によって滅んでしまうわけではありません。肉体には魂が宿っており、死後は、その魂が肉体から…
> 続きを読む

【イラスト付】<3分で分かるあの世ガイド!!>「人は死んだらどうなるの?」

どんな人でも、死んだら絶対「霊」になる
故人の霊は、「四十九日(しじゅうくにち)」をこう過ごす
「あの世」と言っても、いろんな世界がある
天国に還れるような生き方をしよう
> ebookで読む

妊娠の霊的真実 人は親を選んで生まれてくる【霊的世界のほんとうの話】

子どもは偶然に生まれてくるわけではありません。人は、この世に生まれる前に、自分の親や子どもを誰にして、…
> 続きを読む

ソウルメイトとはどのような人のことですか?【霊的世界のほんとうの話】

人は縁のある魂が何十人ものグループとなって生まれるのが普通で、一人だけでポツンと生まれることはありません…
> 続きを読む

守護霊の導きを得るには?【霊的世界のほんとうの話】

地上の人間は傲慢になりやすく、「私に守護霊がいるのならば、私が危機にあるときには、すぐ助けに来てくれる…
> 続きを読む

どうすれば幸せな恋愛ができますか?【霊的世界のほんとうの話】

恋愛にも「天国的な恋愛」と「地獄的な恋愛」があり、幸せになる恋愛なのか、不幸になる恋愛なのか、大きくふたつに分けることができます。チェックポイントは…
> 続きを読む

人生の意味を教えてくれた息子に、ありがとう。【体験談】

長年唯物論者だったという、アメリカ在住のA・Mさん。初めての子供が生まれ、喜びでいっぱいだった彼の家庭に…
> 続きを読む

この世に生まれて。【天使のモーニングコール】

「何で生きているんだろう」「人生の意味って何だろう」みなさんも一度は考えたことがあるかもしれません。今回は、その根源的な疑問を仏法真理に照らして探求してみました。自らの本当の姿、人生の目的とは…
> 続きを読む