人生を成功に導くサイクル!―法話「成功をつかむ発想法」ポイント解説

小冊子「月刊『幸福の科学』」6月号(No.376)では、法話「成功をつかむ発想法」の抜粋と、そのポイント解説が掲載されています。
この記事では、ポイント解説部分を中心に「良き習慣づくり」の秘訣をご紹介します。

一日一日の枠で「何が前進したか」を考える

私自身、大きな夢も持っていますが、基本的には、やはり毎日毎日、一日一日の枠で考えるようにしています。「今日何をしたか」「今日何を進めたか」ということを、いつも考えるようにしているのです。

法話「成功をつかむ発想法」より抜粋

もっと読んでみたい方はこちらから(会員ページ記事)
会員ページは、幸福の科学の会員信者の方、または会員ページにメールアドレスを登録した方がログインできるページです。上記の記事は会員信者の方のみご覧いただけます。

「良き習慣づくり」の秘訣

仕事や勉強、ライフワークなどで、「今日は何を進めたか」を毎日振り返って前進するためには、どんな心がけがあるといいのでしょうか。
将来の夢を叶(かな)えるための「良き習慣」を身につけていきましょう。

1 今日の目標を立てる

1「目標を立てる」

一日の始まりに、今日の目標を立てます。自分づくりや周りへの貢献につながる、具体的な項目がお勧め。

2 実践する

2「実践する」

目標を実行しましょう。「もし、今日で命が尽きても、悔いのない一日を過ごそう」と思うことが成功の鍵!

3 反省する

一日の終わりに、「今日は一歩でも進んだか」を振り返ります。昨日できなかったことができたら、一歩前進!

☆ おまけ ☆

おすすめ書籍

『心が豊かになる法則』

正しい心の習慣を身につければ、幸せも成功もお金も後からついてくる。

『心が豊かになる法則』(大川隆法 著/幸福の科学出版)

3年以内に人生が必ず好転するとっておきの秘訣。
▽何歳からでも実現できる
 「富」「成功」「幸せ」を創りだす方法
▽時間の活用法、信用の築き方、劣等感の克服
 若いうちに身につけたい成功習慣
▽悩みや劣等感を吹きとばす
 「心のリバウンド力」の身につけ方

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する(Kindle版電子書籍もあります)