幸福の科学では、お盆の期間中、先祖供養大祭を開催しています。
先祖供養大祭の意義や功徳について、総本山・正心館の堀内尚人館長に話を聞きました。

Q.幸福の科学の供養とはどのようなものですか?

A.奇跡の経文による供養を行います。

幸福の科学の先祖供養は、仏陀のご本体にして地球の至高神である主エル・カンターレの御光が臨む、最高の供養の場です。
先祖供養大祭では、根本仏より賜った奇跡の経文『総本山・先祖供養経』が用いられます。非常に強い光の言魂で綴られ、はかり知れない功徳があります。
総本山では、修行を重ねている導師が、この尊い経文を毎日読誦することにより、非常に強く、高く、深い供養の磁場を創り上げているのです。

Q.幸福の科学の先祖供養にはどんな功徳があるのですか?

A.高級霊とご縁をいただけます。

他の宗教では、”自分が救われたいがための先祖供養”が行われていることも多々ありますが、当会の先祖供養は、「故人の幸福を心から願う利他の供養」です。故人の幸福を祈りつつ、自らも心の修行に励むことで、より多くのご助力を得られます。
先祖供養大祭においては、天上界の諸如来、諸菩薩がご降臨くださいます。普段は得難い高級諸霊との貴重なご縁を、故人にも地上の祈願者にもいただける、非常に尊い機会であるのです。

参加者からは、「供養後、夢で光に満ちた父親に会った」「式典中に、亡くなった主人が出てきてくれた」など、さまざまな神秘体験もうかがっています。
まだ総本山に参拝されたことのない方は、ぜひこの機会に、光の磁場で最高の供養を体験してください。

教えてくれたのは……
幸福の科学 総本山・正心館
堀内 尚人(ほりうち・ひさと)館長
1989年、幸福の科学に奉職。活動推進局長(現エル・カンターレ信仰伝道局)、精舎活動推進局長などを歴任。
※役職等は2018年7月現在のものです

※本内容は、毎月発刊の小冊子「月刊『幸福の科学』」2015年9月号より転載し、編集を加えたものです。

関連リンク

幸福の科学 総本山・正心館

関連記事

正しい供養で、故人も子孫も幸福になる方法〈2018年 お盆の供養大祭のご案内〉
お盆の起源と幸福の科学の供養について