2019年3月27日、新刊書籍『中国 虚像の大国―商鞅・韓非・毛沢東・林彪の霊言―』が発刊されます。

3/27(水)『中国 虚像の大国―商鞅・韓非・毛沢東・林彪の霊言―』
(大川隆法 著)


世界を騙した毛沢東の大罪。
さらに加速する習近平の野望。

 

◆毛沢東の元側近・林彪が明かす、中国共産党の深い闇。その裏切りと粛清の歴史とは
◆香港の人びとを弾圧する悪政を正当化する偽物の「法治主義」
◆習近平が利用する「法家思想」、その功罪を読み解き大義なき虚像の大国の正体を暴く

台湾は、決して中国に吸収合併されるべきではない


■■ 商鞅の人物紹介 ■■
前390頃~前338年。中国、戦国時代の秦の政治家、法家。衛の公子の出身。秦の孝公に仕え、法治主義に基づき富国強兵策を断行。法制・税制・軍制・田制などの大改革(変法)を二度に渡って行い、秦の発展の基礎をつくる。しかし、その強制的な改革は貴族層の反感を買い、孝公の死後、車裂きの刑に処せられた。

■■ 韓非の人物紹介 ■■
前280頃~前233年。中国、戦国時代末期の思想家。韓の公子。荀子に学んで法家思想を理論的に大成し、秦の始皇帝に大きな影響を与える。韓の使者として秦に赴くが、李斯の讒言により投獄され、獄中で服毒自殺した。韓非の言説を集めた思想書『韓非子』(二十巻五十五編)がある。

■■ 毛沢東の人物紹介 ■■
1893~1976年。中国の政治家。中国共産党の創立に参加し、日中戦争では抗日戦を指揮した。戦後は、蔣介石の国民党軍を破り、共産党一党独裁の中華人民共和国を建国し、初代国家主席となる。大躍進政策や文化大革命などを推進したが、4、5千万人以上もの国民が犠牲になったと言われている。

■■ 林彪の人物紹介 ■■
1907~1971年。中国の軍人、政治家。湖北省出身。1925年、中国共産党入党。北伐に参加後、毛沢東・朱徳と共に紅軍を建設する。長征・抗日戦・朝鮮戦争などで活躍し、1959年には国防部長に就任。文化大革命では運動の先頭に立ち、第九回党大会で毛沢東の後継者に指名されたが、クーデターを計画して失敗。飛行機でソ連へ逃亡途中、墜落死した。

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

 

あわせて読みたい!オススメの書籍

『愛は憎しみを超えて ―中国を民主化させる日本と台湾の使命―』(大川隆法 著)
『毛沢東の霊言 ―中国覇権主義、暗黒の原点を探る―』(大川隆法 著)
『「中華民国」初代総統 蔣介石の霊言 ―日本とアジアの平和を守る国家戦略―』(大川隆法 著)
『青銅の法―人類のルーツに目覚め、愛に生きる―』(大川隆法 著)
『習近平守護霊 ウイグル弾圧を語る』(大川隆法 著)

関連リンク

霊言「韓非の霊言」
霊言「毛沢東の霊言」
霊言「林彪の霊言」
幸福の科学出版