2018年4月、心筋梗塞(しんきんこうそく)を発症した村田純一さんは、手術中に心臓が止まり、霊的世界を垣間見たといいます。その体験をうかがいました。

【体験談】臨死体験であの世の存在を実感

本当の終活 ワッツ116 臨死体験

突然、胸の痛みに襲われて

2018年の春のことでした。職場から帰宅した私は、激しい胸の締めつけに襲われました。家内は、冷や汗を流して苦しむ私を見てすぐに119番に電話。私は救急車で運ばれる最中、救急隊員が「心筋梗塞だ」と言っているのを、朦朧とした意識で聞きました。

「死亡率は50%」──執刀医がそう言うほど事態は緊迫していました。心臓の右冠状動脈は完全閉塞、左冠状動脈の前下行枝は9割方閉塞していたのです。手術が始まると、局所麻酔をしていても苦しさが増していきます。それがピークに達したとき、私は不思議な体験をしたのです。

手術中に見た安らぎに満ちた世界

突然「パーン!」と水中に落ちたような感覚に襲われ、私の眼前にはガーベラやポピー、ダリアなどが咲き乱れる花畑が広がっていました。私自身は、なんとその花畑の上を飛んでいるのです。私は安らぎと幸福感に包まれ、「この世界に還るんだな。幸福の科学では『あの世には心しか持って還れない』と教えているけど、本当にそうなんだ」と考えながら、天空に引き上げられていきました。しかし、突然下降し始め、やがて痛みが蘇ってきたのです。

気づけば、眼前には医師がいました。聞けば、私が臨死体験をしている間、心臓が止まっていたそうです。三週間後には無事、退院。臨死体験を通して私の人生観は変わりました。すべてが神に創られた輝いた存在に見えるようになったのです。今では、体もすっかり元気になりました。私は自らの体験を、広く伝えていきたいと思います。

【図解】死の前後に起こること

どんな人でも、やがてはこの世を去る日が来ます。その死の前後にどんな体験が待っているのか、霊的真実を見てみましょう。

1、不思議な体験を重ねる

死の一カ月前になると「変な景色を見た」「知らない人が来た」等と言うことがあります。これはあの世に行く準備が始まり、霊界体験をしているのです。

2、死後49日以内にあの世へ

死後、初七日くらいまでは、自分の葬儀を見たり家族の様子を見たりして過ごします。やがて導きの霊が来て、死後49日までにはあの世に連れて行かれます。

3、まず、三途(さんず)の川を渡る

三途の川に到着。川底には通帳やお金等、執着の対象がいっぱい。この世への執着がない人は楽に渡れますが、執着の多い人は溺れながら渡ることに……。

4、自分の生涯が上映される

川を渡って数日後、役所のような所に到着。そこではあなたの人生が、心の中身も含めて“上映”され、縁ある人々が観に来ます。その内容次第で天国行きか地獄行きかが決まります。

【終活】死んでから困らないために今からできること

あの世があるならば、天国に行きたいものです。では、「天国行き」と「地獄行き」を分けるものは何でしょうか? それは、この世的な地位や収入は関係ありません。その基準を簡単に言えば、「心がガラス張りだったとして、心の中に他人に見られて恥ずかしいものがあるかどうか」です。死んでから困らないためには、下に挙げたような「地獄の心」を減らし、「天国の心」を増やせばよいのです。将来に備えて、毎日少しの時間でよいので、心の中身を点検する時間を取りましょう。

毎日できる3つのステップ

ステップ1

機嫌が悪くなった場面を思い出し、どの「地獄の心」が湧いているかを確認。

ステップ2

自分の心には、どんな「天国の心」があるのかをチェック。

ステップ3

どうすれば「地獄の心」を減らし、「天国の心」を増やせるのか、考える。

【対策】遺された家族にできること

身近な方が逝去されたとき、故人の幸福のために遺族がしてあげられること──。それが「供養」です。故人の霊の幸福につながり、遺族の功徳になる、そんな供養の仕方をご案内します。

(1)光の強いお経で供養する

幸福の科学の『仏説・正心法語』は、般若心経の1万倍の功徳や光がある現代語のお経です。故人の命日などに、供養の思いで読経することをおすすめします。

【先祖供養用のお経】

幸福の科学の三帰信者になると、『祈願文』を授かります。そこに所収された先祖供養用のお経「仏説・願文『先祖供養経』」を「正心法語」と併せて読経すれば、より効果的です。

(2)幸福の科学の供養祭に参加する

供養は、プロの導師のもとで行うほうが安全です。全国各地にある幸福の科学の支部・精舎では、お彼岸やお盆の時期に、各種供養祭を開催しています。

【書籍から学ぶ】死後の世界は本当にある

発展思考 〔改訂版〕

魂こそが、人間の本質であり、本体なのです。したがって、魂の観点から人間の生命を見なければなりません。死んでいく人間は、「安らかに死を迎え、あの世に旅立つための準備」をしなくてはならないのです。(中略)
最近では、「臨死体験」と言われるものが数多く報告されています。それは、例えば、「入院中、瀕死の状態となって手術を受けているときに、魂が遊離し、手術されている自分の姿を見た」というような体験です。あるいは、「一度、天国の姿を見てから、この世に還り、奇跡的に蘇生した」というような体験です。これを信じる人あり、これを「脳の現象による幻覚だ」と言う人あり、さまざまです。
しかし、私は述べておきましょう。今、世界各地で起きている臨死体験は、実は、あの世の霊人たちが企画して行っていることなのです。彼らは、「あの世の世界や魂がある」ということを教えるために、それを行っているのです。

映画公開情報