『一緒に考えよう!沖縄』(ロバート・D・エルドリッヂ×釈量子 著)

沖縄を知れば、「国防」がわかる
在沖海兵隊元幹部のロバート・D・エルドリッヂ氏と幸福実現党党首の釈量子による対談本。日米両国の視点から政治、外交、安全保障を語り合う。「沖縄問題」の本質に迫り、日本が採るべき国防と外交政策の方向性を提示する。

普天間基地は本当に危険なのか!?
「世界一危険な基地」と言われている普天間基地やオスプレイに関する誤解を、事実を基に反論。「米軍機の事故による死者は0人」「基地周辺の人口は増えている」など、マスコミが報じない基地の真実が見えてくる。また、沖縄の左翼運動の実態が明らかに。

中国が仕掛ける“琉球独立工作”はここまで進んでいる!
“南京大虐殺”に続き、“琉球大虐殺”という嘘の歴史をつくり、沖縄併合を狙う中国の新たな「歴史戦」に警鐘を鳴らす。

幸福の科学出版
Amazon
→Kindle版電子書籍

著者プロフィール

ロバート・D・エルドリッヂ
2009~15年、在沖米海兵隊政務外交部次長を務め、東日本大震災では、トモダチ作戦の立案に携わる。著書に、『だれが沖縄を殺すのか』(PHP新書)、『オキナワ論』(新潮新書)など。

釈量子 (しゃく・りょうこ)
幸福実現党党首。現在、 月刊「ザ・リバティ」 「釈量子の獅子奮迅」 月刊「アー・ユー・ハッピー?」 で「釈量子のライジング・サン」、フジサンケイビジネスアイで「太陽の昇る国へ」、夕刊フジで「いざ!幸福維新」を連載中。著書に、『 命を懸ける 』『 太陽の昇る国 』(幸福実現党)、『 勝手にモージョ相談処 』(青林堂)など。

目次
第1章 反対運動の実態
第2章 普天間神話10の真実
第3章 沖縄の平和を守るために
第4章 沖縄は見捨てられていなかった
第5章 “琉球独立運動”に中国あり
第6章 沖縄のこれから、日本のこれから
第7章 幸福実現党、かく戦えり 沖縄編

あわせて読みたい!オススメの書籍

『いい国つくろう、ニッポン!』 (大川紫央・釈量子 共著)
『太陽の昇る国』 (釈量子 著)
『命を懸ける』 (釈量子 著)
『幸福実現党、かく戦えり』 (幸福の科学第五編集局 編)

関連リンク

幸福の科学出版