このたび、 大川隆法総裁 は、新たな法話を説きました。
この法話は 書籍『危機突破の社長学―一倉定の「厳しさの経営学」入門―』 がと題され、幸福の科学出版より発刊されます。ぜひご一読ください。

『危機突破の社長学―一倉定の「厳しさの経営学」入門―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

9/5(金)『危機突破の社長学―一倉定の「厳しさの経営学」入門―』

幸福の科学出版
Amazon
Kindle版電子書籍

※全国の書店をはじめ、Amazonなどでお求めいただけます。
※Kindle版電子書籍も提供しておりますので、ぜひご利用ください。

ダメ社長の3つのパターンとは何か?
――内部管理と経営との違い……。こうすれば、成功社長になれる!

豊富な事例から学ぶ、徹底した「サービス」「顧客第一主義」
――ドラッカー経営を使う人の落とし穴も!

会社を立て直す、危機に強い経営とは?
――経費節減の注意点――稲盛流「売上最大、経費最小」に潜むリスクとは?

90分でわかる、一倉定流「社長学」の真髄!

生前、5,000社を超える会社の経営指導を行い、数多くの赤字企業を立て直してきたコンサルタントの第一人者・一倉定。その「教え」は未だに数多くの経営者のバイブルとなっています。このたび、そんな「一倉定の社長学シリーズ」の内容が、さらに噛み砕いて説かれた法話が登場しました。あっという間の90分で、一倉定流「社長学」の真髄が語られています。

豊富な具体例でわかりやすい!本当の「顧客第一主義」とは

法話では、「安いのにコロッケが売れないのはなぜ?」「峠の釜めしに見るサービス」など、豊富な事例をもとに、本当の「顧客第一主義」とはどういうことなのかが語られています。また、ドラッカー経営を使う人の落とし穴や、盲点となりがちな経費節減の注意点、さらに「社長はワンマンでなければいけない(一倉定)」という言葉の真意など、強い経営への智慧が満載です。

※本法話は 「『危機突破の社長学』―一倉定の厳しさの経営学入門―」 と題され、 2014年9月4日 より幸福の科学の精舎・支部等で動画公開されています。

あわせて読みたい!オススメの書籍

『財務的思考とは何か』
『「経営成功学の原点」としての松下幸之助の発想』
『「経営成功学」とは何か』
『経営の創造』
『「実践経営学」入門』
『経営が成功するコツ』

関連リンク

法話「『危機突破の社長学』—一倉定の厳しさの経営学入門—」公開情報
大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧