大川隆法総裁 は、旧約聖書に登場するノアを招霊し、 霊言 を行いました。
この霊言は 書籍『「ノアの箱舟伝説」は本当か―大洪水の真相―』 がと題され、幸福の科学出版より発刊されます。ぜひご一読ください。

『「ノアの箱舟伝説」は本当か―大洪水の真相―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

8/7(木)『「ノアの箱舟伝説」は本当か―大洪水の真相―』

幸福の科学出版
Amazon
Kindle版電子書籍

※全国の書店をはじめ、Amazonなどでお求めいただけます。
※Kindle版電子書籍も提供しておりますので、ぜひご利用ください。

大洪水はいつ、どこであったのか?
――大洪水の原因とは何だったのか

ノアが聞いた「神の声」とは?
――ノアが信じた神とは。ノアは“神”の姿を見ることができたのか。

「神の声」を聞かない民族の末路とは
――ノアが警告する、厳しいメッセージ

映画『ノア 約束の舟』で描かれる箱舟伝説に迫る

旧約聖書で特に印象的なエピソードとして知られる“ノアの箱舟”。大川隆法総裁はノアの霊言を行い、箱舟伝説の真相を探りました。また、世界中で起きている“水害”に込められた天意・神意にも迫ります。「繁栄の条件」とコインの裏表の関係にある「破滅の条件」とは何なのでしょうか。

信仰心を失った現代人への警告

大洪水はいつ、どこで起きたものなのか、箱舟はどのぐらいの大きだったのか――。霊言では、箱舟伝説の実際が徐々に明らかになっていきます。また、ノアが聞いた「神の声」や、950歳まで生きたとされるノアの寿命についてなど、旧約聖書の秘密にも話が及びます。さらに、神の声を信じない人類への厳しい警告も語られています。

ノア

イスラエル人が伝承する人類の祖。『創世記』によれば、アダムより10代目に当たる。ノアの3人の子、セム、ハム、ヤペテから、セム族、ハム族、エーゲ海地方の諸民族が広まったとされる。いわゆる「ノアの箱舟」により、神の審判たる大洪水から救われた人物として知られる。

※本霊言は 「ノアの箱舟伝説は本当か―大洪水の真相―」 と題され、 2014年7月12日 より幸福の科学の精舎・支部等で動画公開されています。

あわせて読みたい!オススメの書籍

『アトランティス文明ピラミッドパワーの秘密を探る』
『アトランティス文明の真相』
『フィリピン巨大台風の霊的真相を探る』

関連リンク

霊言「ノアの箱舟伝説は本当か―大洪水の真相―」公開情報
大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧
そもそも霊言ってなに?