『2020-2030 世界を読む 共産中国、EU、国連「解体」の10年』(「ザ・リバティ」2020年2月号)12/25(水) 発刊【幸福の科学書籍情報】

2019.12.25

「ザ・リバティ」は「リバティ(Liberty 自由)」に「真の」という意味をもつ「ザ(The)」を冠し、信教の自由、責任を伴う選択の自由や創造の自由など、宗教的真理と普遍的価値観に基づく「真の自由の創設」を目指しています。

2020-2030 世界を読む 共産中国、EU、国連「解体」の10年|12/25(水)発刊

● 大川隆法[未来への羅針盤]/アイデアを生み出し続ける仕事法(前編)

● 2020-2030 世界を読む/共産中国、EU、国連「解体」の10年に

● 夢を叶える7つのアイデア/東京繁栄プラン2020

● 著者インタビュー/次は「日本が再び偉大な国」になる番だ/米ヘリテージ財団特別客員フェロー スティーブン・ムーア

● 幸福党の政治家インタビュー/東京都代表者 地域を発展させる「秘策」

● 著者インタビュー/医療ミッションを果たすための組織づくり/グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)戦略・投資・効果局長 國井 修

● 映画監督インタビュー/“違い”を尊重すれば強力な「チーム」ができるはずです/「だれもが愛しいチャンピオン」監督・共同脚本・編集 ハビエル・フェセル

関連リンク