『トマス・モアのユートピアの未来』(大川隆法 著)8/12(水) 発刊【幸福の科学書籍情報】

2020.08.01

2020年8月12日、新刊書籍『トマス・モアのユートピアの未来』 が発刊されます。

『トマス・モアのユートピアの未来』(大川隆法 著)

無神論・唯物論国家の繁栄を、
神は決して認めない。
全体主義化する現代の日本と世界にメッセージ。

理想の社会に必要なのは、
「民主」と「自由」、そして「信仰」――
最大多数の最大幸福をめざした中世イギリスの思想家が語る、
未来社会建設のためのヒント。

トマス・モアが考える「ユートピア論」
◇マルクス主義とは一線を画す、平等社会とは
◇自由主義における自助論が失われつつある現代
◇唯物論や無神論によって人間の本質を知らない現代人
◇温暖化対策は、人口増加や貧困問題の解決を併せて考えよ
◇AIによる神なき監視社会は、必ず反作用が起こる
◇ブレグジットによる混乱とEUの今後について

イギリス霊界の秘密に迫る
◇ヘンリー8世の離婚を、なぜ認めなかったのか?
◇英国国教会が誕生した歴史的背景と真実とは
◇現代のキリスト教が抱える課題について
◇王室の庶民化――立憲君主制は滅びるか? それとも?

驚愕の新事実
 トマス・モアはあのビル・ゲイツに
生まれ変わっていた!

【あわせて読みたい!オススメの書籍】