『天照大神よ、神罰は終わったか。』(大川隆法 著)10/24(土) 発刊【幸福の科学書籍情報】

2020.10.13

2020年10月24日、新刊書籍『天照大神よ、神罰は終わったか。』 が発刊されます。

『天照大神よ、神罰は終わったか。』(大川隆法 著)

【緊急神示】
日本のあるべき姿を示す、神の言葉。
政治に正しさを打ち樹(た)てる、神の願い。

菅官房長官(現・総理)の守護霊が、自民党総裁選に出る前の9月2日に、相談に来られたことを受けて、天照大神のお答えをご神示頂いた。
コロナ危機、経済不況、米中対立、そして相次ぐ天変地異――
いま、すべての日本人が知るべき、この国の危機と進むべき道とは。

〇菅新政権についてのお考えと安倍政権への総括
〇マイナンバー制、結婚新生活支援、GoToキャンペーン
国家による国民管理を強める「大きな政府」への懸念
〇日米同盟の強化と日中の経済協力の促進――安倍政権から引き継ぐ「二股外交」が大きな問題に
〇二階幹事長も公明党も立憲民主党も親中路線
バブル崩壊寸前の中国に追随する日本の危うさ
〇コロナ危機は終わりに向かうのか、それとも?
〇香港・台湾問題で日本が果たすべき責任とは
「信仰なき国家は繁栄するに値しない」と主張すべき
〇善悪の価値判断なき日本政治の問題点
さまざまな危機に、何の天意があるか考えて頂きたい

<付録> 菅義偉総理 就任直前の守護霊霊言

【あわせて読みたい!オススメの書籍】