霊言「瀬戸内寂聴の霊言/江戸の東閻魔大王の霊言」を公開!(12/28~)

(最終更新:

所要時間:約88分
公開期間:21/12/28~
場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外

現在の寂聴氏は、霊的にはどのような状態にあるのか。その心境はいかに。

この度、霊言「瀬戸内寂聴の霊言/江戸の東閻魔大王の霊言」が収録されました。

日本天台宗の尼僧だった瀬戸内寂聴(じゃくちょう)氏の霊が大川隆法総裁の元に現れ、男女の愛や結婚、出家、小説、死後の心境などについて奔放に語りました。

また、江戸の東閻魔大王様より、寂聴氏に対する「死後の判定」が示された本霊言は、寂聴氏や氏の小説に関心のある方、仏教関係者、鬼・閻魔大王に関心のある方などにお勧めです。

【POINT】

◆ 死後、お会いした作家の霊とは。川端康成先生との関係は?
◆ 現代には「地上天国」が実現している?「男女の道」「女の悟り」、そして「同性愛」について語る。
◆ 「悟り」=「出家して〇〇〇〇」こと!? それで何をしても許されるのか。
◆ ノーベル賞が欲しかった?「お金」「地位」「名誉」をどう考えているのか。
◆ そして、閻魔大王様による「判定」はいかに。寂聴氏は、これからどのような霊界に赴くのか。

【参加者の声】

・ここまではっきりと煩悩を肯定していることが驚きで、唖然としてしまいました。もし共感する人が多いというのなら、本当に大変なことだと感じました。(20代男性)

【事前解説】

【関連書籍】

【拝聴方法】

公開された法話・霊言・リーディング等は、全国の幸福の科学で拝聴できます。拝聴希望の法話名と公開場所を確認のうえ、お近くの精舎・支部・拠点にお問い合わせください。