2020年 新年大祭のご案内/新年のご挨拶

2019.12.28

初詣・2020年新年大祭のご案内

神仏の御前で志や目標を立てる!
一年の計は元旦にあり! 年初はぜひ、幸福の科学の新年大祭にご参加ください。新しい年を神仏への感謝で始めるとともに、新年の祈願で今年の目標や志を誓願しましょう。一年間、天上界のご加護を得ることができます。

「2020年新年大祭」開催概要

2020年1月1日(水・祝)~3日(金)
※精舎での新年祈願は、13日(月)まで開催

支部で開催される祈願

『新年 成功発展祈願』
『新年 経済繁栄祈願』
『新年 家内安全祈願』
『新年 学業成就祈願』
『新年 結婚祈願』

精舎で開催される祈願

『異次元パワーを得るための祈り』(個人)
『宇宙の富を引き寄せる祈願』(全国開催は個人祈願のみ)
『財運向上祈願』
『収入倍増祈願』
『願望必達祈願』
『運命開拓祈願』 
『家族健康繁栄祈願』
『無病息災祈願』

上記の祈願は1月13日まで全国の精舎でお受けいただけます。
その他、新年大祭では『交通安全祈願』をはじめとして各種祈願をお受けいただけます。

ゴールデン・エイジ菩薩誓願式典のご案内

毎年年初に開催していました「大黒天発願供養式典」を改めまして、2020年1月2日(木)に東京正心館を本会場として「ゴールデン・エイジ菩薩誓願式典」を開催し、全国の精舎と、下記の支部精舎に衛星中継いたします。
2020年ゴールデン・エイジの幕開けにあたり、『鋼鉄の法』の年の幸福の科学の展望を信者の皆様と共有する機会とさせていただきます。
会員のみなさま向けの新年行事になりますので、会員の方はぜひご参集ください。

「ゴールデン・エイジ菩薩誓願式典」開催概要

・開催日時:2020年1月2日(木)13:00開始(予定)
・本会場: 東京正心館
・衛星中継会場:全国の精舎 、一部の支部( 甲府支部精舎釧路支部精舎根室支部北見支部帯広支部精舎函館支部精舎八雲支部青森支部精舎佐渡支部精舎姫路支部精舎新居浜支部精舎松山支部精舎高知支部精舎熊本支部精舎鹿児島中央支部精舎
・参加対象:全信者

精舎では上記の他にも、各精舎限定の祈願なども執り行っています。
精舎へ行こう 公式サイト

ご自宅で実践・経文「新年の誓い」で一年の志を固める
幸福の科学では、新年に読む経文「新年の誓い」が 下賜(かし) されています(三帰誓願者のみ)。
年初には、この経文を繰り返し読みましょう。
自らの志を主エル・カンターレに誓うことで、新たな力が与えられます。
三帰誓願について詳しく見る

2020年 新年のご挨拶 幸福の科学 理事長 石川悦男

2020年、幸福の科学は、大川おおかわ隆法りゅうほう総裁の著書『鋼鉄の法』を主柱として、世界に幸福を広げる活動をおこなっていきます。その具体的な方針を、石川悦男理事長に聞きました。

(本記事は月刊「幸福の科学」第395号より転載、編集)

しなやかで、力強い人生を!

月刊誌_395_p6.jpg

幸福の科学   理事長   石川悦男えつお

1957年、栃木県生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、野村證券に入社。1994年に幸福の科学に奉職。総合本部長、幸福実現党党首、専務理事、精舎館長などを歴任し、2016年7月より現職。

世界が目指すべき「繁栄する未来」とは

新年、あけましておめでとうございます。

本年、幸福の科学グループは、大川隆法総裁の「法シリーズ」最新刊『鋼鉄の法』を中心に、日本を代表する宗教として、もう一段、国際的な影響力を持ち、神仏の理想を実現していく活動を推し進めてまいります。

と言いますのも、世界は今、何を選ぶかによって未来が大きく変わっていくような、重要な"分岐点ぶんきてん"にあるからです。日本にも世界にも、さまざまな問題がありますが、それらを解決して地球に繁栄をもたらすことこそ、神仏の願いです。私たちは、その方向を目指していきたいと考えています。

そして、個人の人生から世界の幸福まで、その方法が説かれているのが本書『鋼鉄の法』であり、「人生をしなやかに、力強く生きる」というサブタイトルに、その指針が示されていると思います。

あなたが繁栄するには

神仏が願われる「繁栄」は、まず、私たち一人ひとりの「生き方」から始まります。

人生の途上では、誰もがさまざまな試練に出合いますが、幸福の科学では「人間は、たましい修行のためにこの世に生まれてくる。苦難や困難は、魂をみが砥石といしである」と学びます。そう考えると、人生に問題が起こることは当たり前のことで、私たちは、困難が起きるのは承知しょうちの上で、この世に生まれてきているということが分かります。

言い訳をしようと思えばできますし、人のせいにしたいこともあるかもしれません。ただ、そうせず、「すべてを精進しょうじんの種として、自分を変え、愛の実践を続けていく」ことが大切で、それが、真理を求め、伝えていくという信念を持ちながら、柔軟じゅなんに自分を変えていく、「人生をしなやかに、力強く生きる」という姿であると思います。

そのように、自発的に自分を変えていくところに「本当の自由」がありますし、向上を目指す人が増えれば、仕事でも付加価値を生み、社会や国家の繁栄につながっていきます。

繁栄する国へ

一方、繁栄とは正反対の考え方を持つ国もあります。例えば、共産党一党独裁体制の中国は、経済的発展を最重視していますが、その思想は「唯物論」であり、"武器を持ち、力によって他を従わせて、奪い取る"という考え方です。それは何も価値を生んでいませんし、神仏の願う繁栄ではありません。

地上に本当の繁栄をもたらすには、唯物論や共産主義ではなく、神仏の心にかなう「真善美」に基づいた富の創造をなしていくことが必要です。そのために私たちは、「自由・民主・信仰」といった普遍の価値をひろめ、世界の幸福を実現していきたいと考えております。

ぜひ幸福の科学に集ってください

最後になりますが、年初にあたり、皆さまに、「ぜひ、幸福の科学に集ってください」とお願いしたいと思います。『鋼鉄の法』には、人間の魂修行を見守る神仏の愛が込められています。これを学ぶことで、精神的支柱ができ、しなやかで力強い自分に生まれ変わることができます。私たちと一緒に、人生修行を行っていきましょう。

やってみませんか? 「しなやかさ」「力強さ」を日々のテーマに!

「『鋼鉄の法』をいただいてから、自分に起きる問題についても、『しなやか』に対処するとどうなるんだろう?とか、もっと『力強く』なるにはどうしたらいいのかな、と考えるようにしています。すると、積極的になれたり、"自家発電"できたり・・・。皆さんもぜひ、やってみてください」(石川理事長)